2019年08月04日

勝負の8月

 梅雨が明けて夏本番を迎えました。私たちも春学期のテスト期間を終え、いよいよ夏の練習をスタートさせています。
 4年生にとって、チームにとって、勝負の8月です。
 4年生は夏練習開始の前日に学年ミーティングを行い、この夏と、残り半年もない時間の中で、自分がどのように変わってどのようにチームに貢献していくのか、1人1人の決意を宣言しました。
 このチームでは、フットボールが上手いとか、試合に出ることが全てではなく、選手・スタッフ関係なくどんな立場であっても、自分がこのチームが勝つための要因となる方法を考える必要があります。特に4年生は、自分が試合に出場して活躍することを一番に考えるのではなく、下級生の行動やプレーにも責任を持つこと、自分のパートやユニットの結果に責任を持つ存在でなければいけません。下級生がしんどい時に、4年生の背中を見て、逃げずに踏ん張れるように、私たちが行動で日本一のチームを体現します。
 「学生圧倒」が今年のチーム目標ですが、どんな相手にどんなプレーで圧倒したいのかをはっきりさせないといけません。本当に勝ちたい相手がどんな相手なのか、その相手に勝つためにはどのレベルで日々取り組むべきなのか、それを学年やポジション関係なくお互い求めあって練習、ミーティングに取り組み、9月1日からの試合でそれを見せていきたいと思います。
 また、私たちのチームは毎年「日本一安全で強いチーム」を目指し、ハードな練習の中でも安全対策を徹底しています。
 7月最終日から始まった夏の練習では、例年以上の暑さを体感しています。7月中が梅雨で涼しかったこともあり急激な暑さがいきなりやってきたため、学生トレーナーを中心に熱中症対策に取り組んでいます。監督は、私たちにしんどい時は無理せず休めと仰ってくださいます。一度熱中症になってしまうと一定の期間練習に参加できなくなるため、1人1人が自分の体調をコントロールし、日本一安全に強いチームで今年のイレギュラーなリーグ戦に臨みます。
 暑い日が続きますが、私たちもこの猛暑と戦いながら今よりずっと強いチームになって、タフなリーグ戦を戦い抜くために頑張りますので、皆様もどうか体調に気を付けてお過ごしください。

2019年07月10日

春シーズンを終えて

 こんにちは。長い間更新できておらず申し訳ありません。
 6月29日に春シーズン最後の試合を終えました。春シーズンを通して応援してくださった皆さま、ありがとうございました。不甲斐ない試合が続きましたが、変わらない声援が私たちを支えてくれました。
 今は、来週17日から始まる春学期定期試験に向けて勉強を最優先に取り組みつつ、空き時間で基礎練習やウェイトトレーニングをしています。7月末から始まる夏の練習を見据えて各個人の課題に向き合っています。
 今年の春シーズンは例年と比べて大きく2つの違いがありました。
 1つ目は第3フィールドの改修工事です。人工芝が老朽化していたため、慢性的なケガや疲労蓄積に繋がったり、雨が降った後の水はけが悪くなっていましたが、学校関係者のご尽力により3月末に人工芝張替工事が完成しました。今は最高の練習環境の中で思う存分に練習をできています。
 工事は1月後半から3カ月近くにわたって行われました。工事期間中、いつもの練習場所が使えなくなった私たちは、ラグビー場や硬式野球場、準硬式野球場、高等部グラウンドなどをお借りしました。各団体の関係者の皆様にこの場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
 毎日変わる練習場に毎回練習用具を運び込み、限られた利用時間の中で練習に取り組みました。第3フィールドを使えないという私たちにとって初めての事態の中で感じたことは、今までどれほど恵まれた環境の中で過ごしていたか、ということと、時間の尊さです。
 毎日当たり前のように同じフィールドを使えること、周囲を気にせず思いっきり声を出せること、練習用具の倉庫がすぐそばに設備されていること、時間を気にせず納得のいくまでフィールドで個人の課題に取り組めることなど、挙げていけばキリがないほど最高の条件の中でフットボールに取り組めていたことを痛感しました。
 2つ目は春の試合のスケジュールが例年に比べてタイトだった点です。今年の秋リーグはタイトな日程になることが予想されていた為、個人としてもチームとしてもタフになるために必要な試練でありました。試合と試合の間が1週間しかない中で、コンディショニング、戦術、スタッフの運営、等々どのように準備していくか、を身をもって感じることができました。
 このような例年とは違う貴重な経験をする中で、私たち2019FIGHTERSは何を得たのか。チームとして「学生圧倒」という目標を掲げ1月にスタートした私たちは、チーム・パート・個人単位で考えた時、この春何が出来て何が出来なかったのか。チーム練習のないこの期間に私たちに必要なのは、自分たちの現状に向き合い、上手くいかなかったことの原因をつきとめることです。4年生が同じ方向を向いて、学生を圧倒して日本一になることをもう一度心に誓って、夏の練習が始まるその瞬間にはトップギアでスタートするために、今という時間を使うことです。これまでできていないことが急にできるようになることはありません。大事なことは、良いことも悪いことも含めて自分の現状と向き合う事です。
 そして私がこのチームで一番、自分自身と向き合う必要があると感じています。この春シーズン、自分は主務として、4年生として、マネージャーとしてこのチームを日本で一番強いチームにするために何が出来ていたのか、私にしか作れないチームを作れているのか、私にしか気づけていないことを本当に全部伝えてこれたのか。私が春シーズンでやり残したこと、結局チームを変えきれなかったことはいくつもあります。これから、チーム、4年生、幹部を変えるためにまず私は、とことん自分と向き合い続けます。そして同期と、後輩と、チームと向き合って全員が本気で勝ちを目指す集団を作ります。

2019年05月04日

春シーズンの過ごし方

 こんにちは。
 初回のブログを読んでくださった方々からお声をかけていただき、改めてたくさんの方に応援していただいているのだと実感しています。拙い文章ではございますが、これからもお読みいただければ幸いです。
 最近気温が急に上がり、ついこの前まで寒かった第3フィールドで、肌が痛くなるほど日焼けしてしまうようになりました。
 練習中は、暑さに負けて元気がなくなったり、それを理由にベストの力を出し切れていない場面があります。環境が変わる中でもどれだけ最大の力を出し切って練習に取り組めるのか。また、3月までのトレーニング期間とは違い、授業がある生活の中でどれだけ効率的に時間を使い、トレーニングやミーティングの時間を確保していくのか。これらが今のチームの課題だと思っています。
 毎年ですが、この時期は本当に勝ちたい相手を見失ってしまいがちです。
 春シーズンも対戦する相手に勝つことはもちろんなのですが、今の取り組みが本当に秋に立ちはだかる強敵を圧倒できるほどの取り組みであるのかを一人一人が考えなければなりません。今年の目標である「学生を圧倒し、その上で社会人に挑み勝つこと」。今の練習や日々の行動が春シーズンを過ごすためだけのものなっていては、本当に勝ちたい相手を目の前にしたときに腹をくくって勝負することなど到底できません。目の前にいる相手に勝ち、目の前の課題を克服していく中で、チームの目標、そして圧倒すべき相手を忘れずに日々を過ごしていけるか、そのようなチームを作っていけるかが、私たち4年生の課題であります。
 今の取り組みが正解かどうかは、秋シーズンに学生チームたちを圧倒し、1月3日に社会人に勝ったときに初めて分かることですが、その日のその時まで今できる最大の取り組みを積み重ねていきます。

2019年04月12日

2019主務ブログスタート

20190401shumu_hashimoto.jpg


 はじめまして。2019年度FIGHTERS主務を務めさせていただきます、橋本 典子(はしもと のりこ)と申します。
 この1年間、チーム内の状況や私が感じた様々なことをこの主務ブログを通じて皆様にお伝えできたらと思います。至らぬ点は多くあると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
 はじめに、私の略歴を紹介させていただきます。

2013年 大阪府立豊中高等学校入学
 アメリカンフットボール部でマネージャーとして所属

2016年 関西学院大学経済学部に進学しFIGHTERSに入部
 マネージャーとして1年生時から現在まで広報を担当、3年生時にはビデオ班も兼務。

2019年 主務に就任

 どんなチームを作りたいのか、誰がチームを引っ張っていくのが一番勝ちに近づけるのかを考えた末、「今年のチームの過程・結果の全てに責任を持ちたい」と思い、主務に立候補しました。しかし、それが決まる前に、学年として主務の役割について何日も話し合いました。主将や副将の役割はある程度分かりやすい中で、「主務は必要なのか?」「スタッフが務めるものなのか?」などFIGHTERSというチームにおける主務の役割について様々な議論をしました。その上で、主務は選手とは違う視点でチームを客観的に見て勝つべくして勝つ確率を高め、「プレーをしないキャプテン」としてチームに求め続けること、そして応援したいと思ってもらえるような人間の集団を作る役割があると考えました。
 今年のチームの目標は「学生圧倒」です。1月3日、社会人に勝つためには学生チームを相手にしたとき圧倒的な強さが必要だと考えこの目標にしました。
 今年のチームが始まってから3か月が過ぎましたが、やはりまだまだ課題が多く、反省と学びの毎日ですが1日1日を無駄にせず、この日本中のどの学生チームよりも成長し、必ず目標を達成します。
 今年度のスローガンの「BLUEOUT」には青で何も見えなくなるくらい相手をのみこみ圧倒するといった思いを込めています。ぜひ皆様には青い服を着てスタンドから熱いご声援をいただきたいです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。