2013年12月03日

不死鳥への挑戦

 先日、王子スタジアムにて行われました西日本代表校決定戦では、名城大学に苦戦を強いられました。彼らが必死に一年間準備してきた1プレー1プレーがサイドラインにいる私にも伝わってきました。攻守両面で出場している選手もいる中で、あそこまでチームの勢いを落とさずに最後まで攻め続けた姿勢は見習うところが多く、まさに一丸となって立ち向かうという事を体現していたチームでした。我々はチームに所属する部員一人一人がもっとストイックにフットボールに取り組まなければならないと痛感させられました。一部の人間だけでは、甲子園ボウルでは勝てません。ただ、真面目に与えられたことをやるフットボールではなく、自主性を強調した本来のあるべき姿に変わらなければなりません。15日までに激変できるように尽力します。
 とにもかくにも甲子園ボウル出場が決まりました。3年連続の出場は本当に素晴らしいことではありますが、我々は本当にまだまだ弱い。チームの総合力が目標のレベルにまで上がっていないのが現状です。一部にはこれ以上できないくらい努力し続けている者もいますが、まだまだ努力できる幅を残している部員も多いはず。自分の限界に挑戦しないまま、思い残したことがあるまま、甲子園ボウルに出場しても、その試合に意味はあるのだろうか。「必ず勝つ」と宣言したのであれば、どんな苦難があったとしても逃げてはいけない。その苦難を乗り越えて結果を出すことこそが、FIGHTERSとして戦う姿勢なのではないだろうか。ファン、OB会、後援会、そして学生生活を共にした学生たちが見に来てくださるのは、この姿勢を見て何かを感じてくださっているからだとしたら、本気でそれに応えられるよう、残された時間を大切に練習していきたい。
 対戦する日本大学は現時点で最もアスリートの揃っている、そしてチームとしてもバランスの取れたまさに決勝にふさわしい相手です。彼らは2年前の雪辱に燃えて多彩な攻撃を仕掛けてくるはずです。我々はこの最強の相手に「挑戦」できることに感謝し、試合当日は臆することなく挑みたい。
 「ALL for ONE」。必ずや達成します。
この記事へのコメント
甲子園ボウル出場おめでとうございます。長年のファンとして、こんなにうれしいことはありません。KGファイターズの長い歴史の中には「甲子園ボウルには、もう永久にいけないのではないか?」とさえ思える時期がありました。その時期から考えると、3年連続なんて夢のようです。選手、スタッフの皆さんのご努力に心から感謝しております。これからの戦いに勝利の女神が微笑んでくれるように陰ながらお祈りしております。
Posted by saka49 at 2013年12月07日 06:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック