2009年03月31日

「日本一にふさわしい行動」をする集団を目指して

 スギの次はヒノキですか…。さらに、黄砂のおまけ付き…。鼻水・目のかゆみetc...もう勘弁して下さい。こんにちは、主務の三井です。
 さて、3月30日(月曜日)に2009年度の部則をチームに発表しました。今年は、例年以上に厳しくなったと感じる下級生もいることでしょう。確かに、部則を破ったときにはそれなりの責任を取ってもらうようにしました。しかし、FIGHTERSの部則は、超一流を目指す者なら、本来、当然に、自ら戒めなければならないことを明文化したものです。つまり、日本一にふさわしい行動とは何かを示したものです。故に、わざわざ部則として示さなくとも、できているのが当たり前なのです。したがって、それを破った者にはそれなりの責任を取ってもらうように決めました。それを厳しいと感じているようでは、到底日本一になんてなれません。
 しかしながら、厳しい責任の取り方を設けなければ守れないのも、また、現実です。監督も筋力トレーニングに関して頻繁に同様のことを口にしていますが、これは恥ずかしいことだと感じます。 “わざわざ罰を決められなければできない、守れない”ではダメなのです。これでは、「人に言われるからそうしよう」というのとなんら変わりません。超一流を目指すということはどういうことなのか、そのために何が必要なのかを自ら考え、行動した結果として、部則で決められていることをきちんとできたり、トレーニングをちゃんとしたりでなければ意味がありません。縛られてやっているうちは二流です。
 今年中には“部則”という縛りをなくしても、全員が「日本一にふさわしい行動」をとれるような超一流の集団にします。今はまだまだ、日本一にふさわしくない行動が目につきます。しかし、それを上級生が厳しく指導、注意し、その深意を説くことで下級生を変えていかなければなりません。
 監督が下級生の面談の際に必ず聞く質問があります。「厳しい先輩誰?そんな奴、おった?」。来年はこの質問に対して「去年の4年生全員です。」と言わせるような取り組みをしていきます。もちろん、初めから「厳しいって言われたんねん」と思って取り組むのではありません。そういわれるのは、あくまでも我々が日本一になるために本気で取り組んだ結果として、です。本気で日本一になりたいと想えば、自然と厳しく要求でき、結果として「あの人は厳しかった」となるのです。
 4月1日から全体練習が始まります。プレーのことに関しても、日常生活に関しても、厳しく要求していきます。
 厳しい、厳しいと連呼していますが、その本質については次回にさせていただいて、今回はこのあたりで失礼いたします。
この記事へのコメント
三井さんがこれまで内から外からチームを見てこられてきたことを、このシーズンに花咲かされることを祈っています。
Posted by 第3フィールドスタンドから at 2009年03月31日 04:53
部則を決めないといけないとは・・・
ちょっと寂しいですね。
そんな下級生が増えてきている中、主務は大変でしょうが、どうか頑張ってください。
12月、必ず甲子園球場で声援を送れますように祈っています。
Posted by 一ファンです at 2009年04月17日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック