2020年05月16日

トレーナー目線で

 5月に入り、緊急事態宣言が延長されたことでアメリカンフットボール部の活動自粛も延長されている状況です。4月に活動自粛が決まった時は、5月末までグラウンドでの活動が出来ないということを想定出来ていなかったのが正直なところではあります。6月以降に活動が再開になったとしてもすぐに練習が出来るのかと言えばそうではないと思いますが、今できることをやって秋シーズンに向けて備えていきたいと思います。
 今回はトレーナーの観点からトレーニングについて、お話させて頂きたいと思います。1月から新チームが始まり、今年のチームは「走る」ことをテーマにトレーニングが始まりました。例年であれば1月のテスト期間は、各自で筋力トレーニングを中心にトレーニングを行うのですが、今年は1月から走り込みを開始しました。本格的にシーズンが始まった1月末からトレーニングの強度も少しずつ上がり、2月には2週間に渡って千刈合宿が行われ、相当な量を走り込みました。3月からはパート、ユニット毎での練習と並行してトレーニングを行い、肉体的にかなり追い込みました。私は高校まで野球部に所属し、野球のオフシーズンであるこの時期はかなりの量を走り込みました。その結果下半身の怪我をしたことが無く、走り込むことがいかに大切かを身を持って知りました。この経験から、走り込むことの重要性を部員に上手く伝えたかったのですが、中々上手く伝わりませんでした。選手が春の試合で走り込んだ成果を出してもらいたいと思っていたのですが、それが活動自粛、そして試合の中止で出来なくなりとても残念です。
 現在は、オンラインでトレーニングの指導を行っています。Zoomを利用し、8名〜10名でトレーニングプログラムを基に実施しています。ベンチプレスやスクワットが出来るような器具は無いので、満足の行くトレーニングは出来ていませんが、自重トレーニングやペットボトルをダンベル代わりにするだけでもかなりのトレーニング効果を得ることが出来るプログラムを組んでいます。
 活動が再開できれば、秋シーズン終盤まで戦える身体づくりを目指しトレーニングを積んでいくことになります。本格的にアメリカンフットボールの練習が出来るのはまだ先になりますが、再開できたときにすぐスタートがきれるよう、部員それぞれが今の一日一日を大切に行動していくことが重要です。
この記事へのコメント
「早春賦」の一節より拝借いたします。

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず―――


声も立てずにいる鶯が
歌を思っていたのは
その「時」のためなのでしょうね。
今年の4回生達は色んな意味で苦難の連続を
経験するのかも知れませんが
「なんで自分達の時ばかりこんな・・・」
といった思考にはハマらないでほしいです。
こんな時でも、魂を奮い立たせるような
何かを探して掴んでください。


27年間も!投獄され続けたネルソン・マンデラ大統領を支えた
ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩にも、とても印象深い一文がありますね。


―――門が いかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官


特に最後の2行がとても力強く聞こえますね。
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.
原語の英文のほうが心に響く気がします。

こういった言葉なんかをあらためて
探してみるのも一つのきっかけになればと思いました。
どうか腐ったりせずに、今を乗り越えてください。
Posted by blue_sky_blue at 2020年05月18日 00:00
高校球児の夢舞台は春夏と消えました。3連覇を目指す冬の甲子園こそは、と思うのは身勝手な願いかも知れません。学生の本分を全うしつつ、スクランブルでも臨める体制を整えるしかありません。余談になりますが、DBで活躍した先輩後輩コンビ、鳥内血族3代目君達KGH卒部員、近年ではいつも明るいスーパーWRと、野球でも聖地を体験した学生は何人もいましたね。
Posted by Blue Blood at 2020年05月24日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック