2019年12月05日

聖地への向かい方

 12月1日の西日本代表校決定戦で立命館大学に勝利し、甲子園ボウルへの切符を掴むことが出来ました。ここまでチーム・部員たちを支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
 今年のチームは、ここまで戦ってきた関西学生リーグの各大学、九州で対戦した西南学院大学の存在があったからこそ、チームとしての弱さを知り自分たちを省みることが出来ました。そして、立命館大学という最高のライバルの存在が無ければ、甲子園ボウルにたどり着くことは絶対に出来なかったと思います。
 また、今回の試合は、アウェイスタンドにも関わらず、開門直後から多くの観客の方で埋まっていました。BLUEOUTされたスタンドから本当に大きなパワーをもらいました。試合中、フィールドに立った選手自身も大きな声援があったからこそ常に攻める姿勢を持ちながら1プレー1プレーに挑めたと思います。スタンドで応援してくださった皆さま、そしてテレビの前や速報を見ながら声援を送ってくださった皆さまも、本当にありがとうございました。
 幸いにも、甲子園ボウルに出場させていただけることになった私たちですが、チームとしてはまだまだ未完成であり、課題も多く残っています。もし敗戦していれば向き合う事できなかった課題ともう一度向き合うチャンスを貰えた、今回の結果にはそういう意味もあったと思っています。
 甲子園ボウルは学生日本一を争う大舞台ですが、私たち自身はまだ日本一のチームにふさわしい組織ではありません。もう一度一から勝つべくして勝つチームになることを目指します。日本一になるべくしてなったと自分たちが胸を張って言えるような取り組みをこの2週間でやりきって、甲子園という聖地に向かいます。
この記事へのコメント
甲子園ボウル出場おめでとうございます。
立命館との再戦では必ず勝ってくれると信じていました。ようやくお兄さんの借りが返せましたね。

甲子園の空に橋本さんの大きな声が響くのを楽しみに15日を待ちたいと思います。
Posted by あきにゃん at 2019年12月05日 10:06
今季はまだ発展の過程にあるから、成長の余地があるから、神様が負けることを許さなかったのでしょう。ここで終わらせる訳にはいかなかったのでしょう。
さて、甲子園のコフィンコーナーには、関学に微笑む女神様がいると聞きます。聖地での闘いを終えた後、微笑み返しが出来るよう、残された日々でしっかりと準備を進めて下さい。応援しています。
Posted by Blue Blood at 2019年12月05日 10:43
選手、スタッフの皆さん、そして橋本主務、本当にお疲れ様でした。乗り越えられない試練はないという事を、見事に示して下さいましたね!橋本主務はお兄さんの分までリベンジ出来て、大変喜んでおられる事と思います。
次はファイターズが最も似合う聖地、甲子園です。どうか監督の花道を飾る為にも、感動的な試合を演じて下さい。楽しみにしています。
Posted by 木場勝之 at 2019年12月05日 21:12
まずは甲子園ボウル出場おめでとうございます。
西日本決勝は接戦でしたが、試合の内容、チームの雰囲気・気持ちは今シーズン最高だったように思います。
連戦でチームのみなさんは大変だったでしょうが、いろんな面で最高の仕上がりで甲子園を迎えることができたんじゃないでしょうか。
チームが掲げた目標「学生圧倒」、失礼ながらシーズン中は何言うとんねんと思ってましたが、最後の最後に甲子園という最高の舞台で見れるんじゃないかと期待しています。
甲子園広いけど観客席まで聞こえるでっかい掛け声で気合い入れてやー!!!
Posted by sumopapa at 2019年12月08日 01:56
甲子園ボール出場おめでとうございます。
沖縄 久高島で日本一を願って来ました。
ライスボールまで突っ走れ!
Posted by okinawa blue at 2019年12月08日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック