2019年08月04日

勝負の8月

 梅雨が明けて夏本番を迎えました。私たちも春学期のテスト期間を終え、いよいよ夏の練習をスタートさせています。
 4年生にとって、チームにとって、勝負の8月です。
 4年生は夏練習開始の前日に学年ミーティングを行い、この夏と、残り半年もない時間の中で、自分がどのように変わってどのようにチームに貢献していくのか、1人1人の決意を宣言しました。
 このチームでは、フットボールが上手いとか、試合に出ることが全てではなく、選手・スタッフ関係なくどんな立場であっても、自分がこのチームが勝つための要因となる方法を考える必要があります。特に4年生は、自分が試合に出場して活躍することを一番に考えるのではなく、下級生の行動やプレーにも責任を持つこと、自分のパートやユニットの結果に責任を持つ存在でなければいけません。下級生がしんどい時に、4年生の背中を見て、逃げずに踏ん張れるように、私たちが行動で日本一のチームを体現します。
 「学生圧倒」が今年のチーム目標ですが、どんな相手にどんなプレーで圧倒したいのかをはっきりさせないといけません。本当に勝ちたい相手がどんな相手なのか、その相手に勝つためにはどのレベルで日々取り組むべきなのか、それを学年やポジション関係なくお互い求めあって練習、ミーティングに取り組み、9月1日からの試合でそれを見せていきたいと思います。
 また、私たちのチームは毎年「日本一安全で強いチーム」を目指し、ハードな練習の中でも安全対策を徹底しています。
 7月最終日から始まった夏の練習では、例年以上の暑さを体感しています。7月中が梅雨で涼しかったこともあり急激な暑さがいきなりやってきたため、学生トレーナーを中心に熱中症対策に取り組んでいます。監督は、私たちにしんどい時は無理せず休めと仰ってくださいます。一度熱中症になってしまうと一定の期間練習に参加できなくなるため、1人1人が自分の体調をコントロールし、日本一安全に強いチームで今年のイレギュラーなリーグ戦に臨みます。
 暑い日が続きますが、私たちもこの猛暑と戦いながら今よりずっと強いチームになって、タフなリーグ戦を戦い抜くために頑張りますので、皆様もどうか体調に気を付けてお過ごしください。
この記事へのコメント
今年も熱中症に気を付けて、頑張ってください。応援しております。
Posted by saka49 at 2019年08月05日 07:55
「自分の活躍」よりも「チームの成果」を。
そして、自分の行動に、下級生の行動に「責任を持つ!」。
組織論の神髄だと思います。
これを意識されていることが頼もしく、このチームのこれからが楽しみです。誇りに思います。
Posted by F-eye at 2019年08月06日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック