2019年04月12日

2019主務ブログスタート

20190401shumu_hashimoto.jpg


 はじめまして。2019年度FIGHTERS主務を務めさせていただきます、橋本 典子(はしもと のりこ)と申します。
 この1年間、チーム内の状況や私が感じた様々なことをこの主務ブログを通じて皆様にお伝えできたらと思います。至らぬ点は多くあると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
 はじめに、私の略歴を紹介させていただきます。

2013年 大阪府立豊中高等学校入学
 アメリカンフットボール部でマネージャーとして所属

2016年 関西学院大学経済学部に進学しFIGHTERSに入部
 マネージャーとして1年生時から現在まで広報を担当、3年生時にはビデオ班も兼務。

2019年 主務に就任

 どんなチームを作りたいのか、誰がチームを引っ張っていくのが一番勝ちに近づけるのかを考えた末、「今年のチームの過程・結果の全てに責任を持ちたい」と思い、主務に立候補しました。しかし、それが決まる前に、学年として主務の役割について何日も話し合いました。主将や副将の役割はある程度分かりやすい中で、「主務は必要なのか?」「スタッフが務めるものなのか?」などFIGHTERSというチームにおける主務の役割について様々な議論をしました。その上で、主務は選手とは違う視点でチームを客観的に見て勝つべくして勝つ確率を高め、「プレーをしないキャプテン」としてチームに求め続けること、そして応援したいと思ってもらえるような人間の集団を作る役割があると考えました。
 今年のチームの目標は「学生圧倒」です。1月3日、社会人に勝つためには学生チームを相手にしたとき圧倒的な強さが必要だと考えこの目標にしました。
 今年のチームが始まってから3か月が過ぎましたが、やはりまだまだ課題が多く、反省と学びの毎日ですが1日1日を無駄にせず、この日本中のどの学生チームよりも成長し、必ず目標を達成します。
 今年度のスローガンの「BLUEOUT」には青で何も見えなくなるくらい相手をのみこみ圧倒するといった思いを込めています。ぜひ皆様には青い服を着てスタンドから熱いご声援をいただきたいです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
この記事へのコメント
最近豊高の存在感が薄れてきて、寂しく思っていましたので、嬉しいです。しっかりプレーヤーを支えてやってください。因みに高校20期の東元先輩はプレイヤーからマネージャーに転身され抜群の個性を発揮され頼られるマネージャーでした。今は豊高ロードランナーズの強化が必須です。東元先輩、柴田先輩と情報交換されるのも良いのではないでしょうか?お勧めします。
Posted by 前谷尚男 at 2019年04月12日 10:05
 豊中高校、ルーツ校でマネジャーをやっていた。フットボール界では、それだけで何となく成り立ち、場合によってはチヤホヤされるかも知れません。ところが、より厳しい環境を求めて更なる高みを目指す姿勢には感服、そして最敬礼です。自分がFIGHTERSに注目し始めた頃は、100%男の世界でした。いつしか女性部員も加わって、更に厚い体制へと変革を遂げました。
 但し、史上初の女性どうこうは関係ありません。主務は主務、チームを勝利に導くのみです。目的、目標を達成できるよう、主将副将と先頭にたって引っ張るだけです。厳しいと同時に素晴らしい環境に身を置いたことに感謝し、邁進して下さいますよう。全霊で応援します。 
Posted by Blue Blood at 2019年04月13日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック