2018年12月11日

再確認

 西日本代表校決定戦での立命館大学との激闘を経て、甲子園ボウルに向けての準備で慌ただしい日々を送っています。
 甲子園ボウル出場がきまってからの1週間は、立命館大学戦前と比べるとどこか浮ついていると感じます。立命館大学に勝利したことに満足している部員が少なからずいます。
 ここで忘れてはいけないのは西日本代表校になるのが目標ではないということです。
 今年のチームは甲子園ボウルで日本大学に敗れたところからスタートしました。そして冬から春にかけて4年生が繰り返しミーティングを行い、時間をかけて、2018年度光藤FIGHTERSの目的・目標を決めました。
 目的は「社会に出ても戦える人間になる」、目標は「社会に勝って日本一」です。
 甲子園ボウルまで時間が限られているからなのか、現在のチームはアサイメントやプレーの精度を上げることに意識がいきすぎてしまっています。グラウンド以外の様々な場面で問題が起きてしまっている現状があります。残り1週間アサイメントを詰めきったとしても、勝負所で勝てず自滅してしまうでしょう。
 私に出来ることは、残り1週間4年生を筆頭に部員に少しでも勝利の確率を1パーセントでもあげる行動をとらせ、常々言っている「日々の生活」と「グラウンド」を分けさせず、チームのルールを守っていなかったりチームのマイナスになることに対して常に言い続けていくことです。4年生が人間として高い基準で行動していくことでチームを引っ張っていきます。
 最後になりますが、12月16日(日)に阪神甲子園球技場へ足をお運びくださいませ。そして3塁側・レフト側スタンドを青く染めていただき、私たちの背中を後押ししていただきたいです。東日本の激戦を勝ち抜いてきた強豪・早稲田大学相手に共に戦いましょう。ご声援よろしくお願いいたします。
この記事へのコメント
初めてコメントさせていただきます。小生、鳥内監督と同級、安西君とは中学、高校、大学の先輩です。我々の学生時代の甲子園ボウルは無惨な試合ばかり。それが近年は関西が優位に立っています。当時では考えられません。いよいよ甲子園、学生同士の試合としては四年生のラストゲームです。光藤キャプテンを先頭に出場選手もサイドラインの選手もスタッフも、これぞ関西学院!と言う試合を期待しています。結果は自ずと付いて来るでしょう。早稲田へのリスペクト、これも大事です。頑張ってください!
Posted by もうすぐ還暦 at 2018年12月11日 19:12
今年のチームに対して尊敬の念を抱いております。激しいリーグ戦をよくぞ戦い終えて甲子園ボウルまでたどり着いてくれました。甲子園では思い切り実力を発揮してください。勝利を意識するあまり、実力が出なかったというようなことがありませんように私も会場で精一杯応援します。
Posted by saka49 at 2018年12月12日 03:28
 本当に再確認に念を入れて下さい。12月2日(日)は所謂、命取りになるようなミスが4つも5つも出ました。次に1つでも出れば、今シーズンは終わってしまいます。そして、ラフィング・ザ・パサーやフェイス・マスク等で怪我はなかったでしょうか?併せて気掛かりです。
 今季は主将・副将中、先発メンバーが一人しかいない点に層の厚さを感じると共に、各ポジションや全体をしっかりとまとめていそうで頼もしく思います。サイドラインでフィールドで、チームを勝ちに導いて下さい。
 慶應義塾から始まって、立教・明治・法政、そして今年の早稲田と、6大学中甲子園出場校と複数回対戦と相成りました。#3は勿論、#18#10の3QBはキャリアハイを達成すべく、思う存分力を発揮するよう祈念しています。「平成最後の」聖地決戦は、そのまま新時代の栄光に繋がっていきます。
Posted by Blue Blood at 2018年12月13日 17:42
早稲田大は「関学を倒して早稲田の歴史を変える」と、並々ならぬ覚悟を持っているようです。
ファイターズの皆さんには、それ以上の気持ちを持って試合に臨んでいただきたいです。
後悔の涙ではなく、勝って喜びの涙を流せますように!
必ず日本一になってください。
応援してます!
Posted by ajmdg316 at 2018年12月13日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック