2018年10月26日

一戦にかける想い

 先日の京都大学戦は、平日の夜にも関わらず西京極競技場までお越しくださった方々、パブリックビューイング会場で応援していただいた方々、そしていかなる形であれ応援してくださった方々本当にありがとうございました。
 その京大戦はメンタルの部分で敗け、それがそのまま試合内容に表れました。石井先生のコラムでも書かれていたように、この試合をご覧になった方々それぞれに様々な捉え方があると思います。
 今年のチームは一戦必勝を掲げてここまで戦ってきました。相手のペースに飲み込まれることなく自分たちが練習でやってきたことを全てやりきることを目指してきました。
 しかしこの京大戦は全く思う通りに出来ませんでした。この一戦にかける思いは相手の方が格段に上でした。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、京大のイヤーブックの冒頭数ページでは、私たち関西学院にかける想いが書かれています。初めてこれを読んだ時は正直怖くなりました。京大の草野主将は、高槻中学・高校時代に私も共に戦ったプレイヤーで、彼のフットボールにかける情熱、そこからうまれるプレーは誰にも真似できるものではありませんでした。
 試合前のウォームアップでの鳴りやむことのない叫び声、試合後サイドラインで涙を流す4年生を目の当たりにしてこの一戦にかける想いの強さを痛感しました。
 今、私たちのメンバーで一体何人のメンバーが心の底から「絶対に勝つ」という気持ちを持って日々過ごしているか。一人でも多ければ多いほど本当の意味で強くなります。4年生が今一度現状を認識し、勝利への情熱を滾らせ、周囲に伝播させていかなければなりません。
 上級生・下級生、Vチーム・JVチーム、選手・スタッフ、それぞれ関係なく部員全員が各々の気持ちをプレーにのせていけるよう、日々の練習から取り組んでまいります。
 リーグ戦は残すところ2戦となりました。次々と待ち構える険しい山に挑んでいきます。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。
この記事へのコメント
京大戦応援に行きました。京大は気迫にあふれていましたが、KGも劣ることなく気迫がありました。特に4年生の#26、#34、#83、#85君は京大の気迫に負けていませんでした。これからが勝負のKGと関学にだけは勝つ!(失礼)京大では一戦に賭ける気迫が違っても仕方ないのかと思います。関大、立命さらに甲子園をかけた一戦と続きます。いよいよ佳境に入ってきますが、私も全力で応援します。共に頑張りましょう。
Posted by saka49 at 2018年10月27日 02:53
 第6節を終えました。同じ引き分けという結果でも、何故か関大の方が意気軒昂に映るのは気のせいでしょうか?しかも、リーグ優勝を絶たれた相手がです。
 凹んでる時間など勿体ない、'13.以来の自力優勝へ向けて研ぎ澄ませていきましょう。
Posted by Blue Blood at 2018年11月09日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック