2018年01月31日

取捨選択の難しさ

20180131_01.jpg


 甲子園ボウルで日本大学に敗れ、大学4年間のフットボール人生が終わってから1ヶ月余りが経ちましたが、敗戦に対する悔しさは時間が経っても拭えません。ふとした瞬間に「あの時こうしていればどうなってたんやろ」という思いや、「こんなことしてみてはどうやろか」というアイデアが頭をよぎりますし、今でもフットボールが夢に出てくることがあります。その度に「もうリベンジできへんのか」と、どこにもぶつけることのできないやるせない思いになる、そのような毎日を過ごしております。
 前置きが長くなってしまいましたが、今回が2017年度最後の主務ブログになります。それにあたって何を書こうかと思いを巡らせる中、長々と後悔の念を綴っても「負けたら後悔するんやな」程度のものになってしまうと感じたので、私が心に残った言葉を元に、この4年間、特に最後の1年で感じたことを綴ろうと思います。
 テーマは「取捨選択の難しさ」です。最後に書くことがそれ?と思われるかもしれませんが、取捨選択の瞬間は常にやってきます。特に最後の1年はその連続でした。私はこれまでフットボールなどで悩み苦しんだとき時、この現状をどうにか打破できないかという思いから書籍やテレビ番組、著名人の言葉など、あらゆる方面に何か参考にできるものはないかという思いを巡らせるよう心掛けてきました(2016年度主務の石井さんが心に響く言葉があればメモに書き留めるということを習慣にしておられたので、それを参考にしました)。そうすると、「なんや、こんな大物でも同じような悩みもってたんか」「そんな捉え方があったのか、明日から自分も同じように取り入れてみよう」というようにどこか冷静になれると同時に、「取捨選択の難しさ」をも痛感しました。
 振り返れば昨年の今頃、情けない話なのですがチーム作り等を進める中で、「もうどうしたらええかわからん」と自暴自棄になってしまっていたと感じます。「どうしたらええねん」「わけがわからん」、その思いが大きくなればなるほどあらゆる考えや意見を求めたくなると思います。監督・コーチ・OBの方々など、求めれば様々な方からアドバイスをいただけます。また、外の世界(FIGHTERS以外の)に目を向ければ多様な考えが溢れかえっています。「自分にとっていいと思う意見だけを取り入れればいい」ということなのでしょうが、これが私にとって難しかった。「ほんまにこれでええんかな」「何でこんなにも芯がないんやろ」と自分に腹が立ち、常に不安な思いに苛まれまれる毎日でした。今考えれば、無意識に私の決意には迷いがあったのかもしれません。「自分は今年こうなんねん。そのためにこれを絶対にやりきるんや!」という本当にぶれないものがなければ周りに流され続け、自分に合ったものを「取捨選択」できないでしょう。4年生になれば、学年が上がれば自然と頑張るだろうという考えは捨ててほしい。後輩たちは、これからがシーズンだという今だからこそ、学年に関係なく「今の決意はホンマに1年間揺るがへんか?」と自分自身に問いかけてほしいです。
 そんな中、これが決意ってもんやという言葉に出会うことができたので紹介させていただきます。

「もう外野が何と言おうと気にしない。批判家の言うことにいちいち耳を傾けてはいられないんだ。俺たちは試合に出てチームのためにプレーするだけ。話屋さんたちのために試合をしているわけではないからね。彼らに褒めてもらうためにプレーしてはいない。俺たちはお互いのために頑張っているし、そして、試合に勝つために努力している。互いに支え合っているんだ。それが俺たちのモチベーションさ。外野は必要ない」

 これは、NFLダラス・カウボーイズのRBエゼキエル・エリオット選手が、試合終了後記者団に対して語った言葉です。周りに流されず、目標に向かって己を信じてまっすぐ突き進むんだという熱意がひしひしと伝わってくるこの言葉に感動しました。あくまで私の意見ですが、「自分はこうしたいんや!」という自己主張が強すぎないか?と思われるくらいの人間が多い集団であればあるほど結束力が強く、ここぞというときに力を発揮できると思うのです。後輩のみんなには、どんなことがあっても、どんなに腹が立つことを言われても、「自分はこうするって決めたんや、黙って見とけ!」と言えるくらいの決意を固めた上で、自分にプラスとなる考えを「取捨選択」しながら成長してほしいです。そして、必ず1月3日の歴史を変えてほしいと思います。
 最後になりましたが、この1年間、私たちに素晴らしいご支援、ご声援をいただき、本当に感謝しております。勝利という結果で自分たちの取り組みを証明することができなかったことが本当に悔しく残念でありますが、FIGHTERSに連なる皆様のおかげでここまでくることができました。2017年度FIGHTERSの4年生はこれから現役チームを支える立場に回ります。こんな情けない自分たちについてきてくれた後輩たちに少しでも力になれるよう新チームを支えていこうと思います。また、1年間、生意気で好き勝手な文章ばかりのこのブログにもお付き合いしていただき本当にありがとうございました。2018年度FIGHTERSにもこれまでと変わらぬあたたかいご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

関西学院大学FIGHTERS 2017年度主務 三木 大己
この記事へのコメント
ご苦労様でした。
アメフトに10年関わってこられたのでしょうか?お疲れさまでした。主務ブログ楽しませていただきましたよ。
ありがとうございました。
Posted by 國重俊明 at 2018年02月02日 17:04
 新年の舞台まで1TD届きませんでしたが、"Change"し続ける姿は最後まで共有できました。数多の先人が辿ったことのない経緯で甲子園ボウル出場を果たした事実が、日本フットボール史に刻まれました。名大戦で突如露見した、本当にらしくない問題点も早々に修正され、新年度に繋がっていくでしょう。
 FIGHTERSが、ほんの20年余りで経験したことは…時間も点も取られて負け、為す術なく再度敗れた96年。辛勝後に惜敗した04年。悠々と勝ち、再戦では地力で振り切った16年。そしてTD1に被TD2で負けた後、被TD0とTD5で勝った17年。1シーズンでたった1つのチーム相手に2度ずつ戦った足跡も●●、○●、○○、●○と一通りの組み合わせが出揃い、新たな時代に突入していきます。現4年生は明日のFIGHTERSの礎を築く最後のピースを埋めた、大変重要な役割を果たした年度のメンバーとして、永く記憶と歴史に残り語り継がれます。
 KGで送った4年間、特に激務を完遂した最後の1年間、本当に御苦労様でした。堂々と胸を張って社会に飛びたってきて下さい。
Posted by Blue Blood at 2018年02月04日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック