2017年12月02日

己の生き様

 先日の名古屋大学戦は49-17で勝利することができ、もう一度立命館大学と戦う権利をいただきました。まだ勝つべきチームではない、そのことを思い知らされた11月19日の敗戦からの2週間、何をどう"Change"するのか模索し続ける日々が続きました。そんな中、個人的な話になりますがある先輩から次のようなお言葉をいただきました。
 「次の試合は、お前ら4年生にとってフットボール人生の集大成や。周りの意見どうこうあるかもせんけど、自分のやりたいようにやったらええんちゃうか?」
 この言葉を受けて思い返せば、色々なことがあったフットボール人生でした。関西学院中学部時代、仮入部の時に横で練習している大学生をみて「かっこええなぁ、いつか自分もあの三日月のヘルメットをかぶってプレーしたいなぁ」という純粋な動機ではじめたフットボールも今年で10年目。楽しいということよりは圧倒的に辛いこと、苦しいことばかりでしたが、全ては目の前の相手にただ勝ちたい、その思いがあったからここまでこれました。他の仲間も中学から、高校から、大学から、フットボールをはじめた時期はそれぞれ異なるものの、そこには一人一人のフットボールをはじめた純粋な動機、原点があるはずです。そんな純粋な動機がいつしか「負けたくない」「あいつらに勝ちたい」という強い思いに変わったことを皆感じていると思います。
 いよいよ12月3日を迎える時がきますが、正直、立命館大学と戦うことが本当に怖いです。あんなんがきたら・こんなんがきたらどうしようという不安や、次負ければ今年のチームが終わってしまう、二度とリベンジすることが叶わなくなるという胸の苦しさ等、様々な気持ちが交錯し、眠ることすらも怖いです。
 しかし、常にこのチームで言われるようにいざ試合になれば自分たちの持つ力を全て出し切ることしかないと思います。戦術・ファンダメンタル・心の準備等から逃げずに向き合い、試合が始まるその直前まで自分たちの力を少しでも伸ばし、そこに自分の意地・プライド・思いをのせる。
 Fight Onを歌った瞬間からは「気持ちや!」「気合いや!」と叫ぶだけのそんな脆いものではなく、一人一人の悔しさ、憎しみ、怒り、意地、プライドを目の前の立命館大学にぶつけます。一人の男としての生き様をみせます。必ず勝ちます。
この記事へのコメント
 心身共に厳しい2週間だったと思います。泣き言1つ漏らさず、有言実行してくれました。各パートリーダーはよく後輩達を牽引し、主将、副将、主務の皆はチームを見事に統率しました。しっかりついていった1、2、3年生も天晴れ、ファンの一人として感謝しきりです。
 昨日の今日で早、井若君が日大キャプテンと聖地で顔合わせ。FIGHTERS'17.の本当の成長はこれからです。
Posted by Blue Blood at 2017年12月04日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック