2016年10月30日

「100%」

 久しく更新が滞ってしまいました。やりたいゲームができずに、ずっと暗中模索を繰り返しており、負ければ引退が決まるという試合を前に、なかなか筆ならぬタイプが進まない、というのが正直なところでした。
 関西大学戦を無事勝利で終えましたが、あくまでもうまく得点が入り、オフェンス、ディフェンス、キッキングがかみ合って点差がついただけで、私たちの内容が完ぺきだったわけではありません。あの試合、あの時の関西大学相手に立命館大学なら何点取るか、どんなゲームにしただろうか。
 このブログでも何度も書いてあるように、私たちのフットボールは緻密さが命です。おそらく、どの大学よりも1プレーについて掘り下げて意図を理解し、何が来ても対応ができるように想定し、その反復練習を繰り返しています。その質がまだまだ低いからこそ試合で苦労しているのが実際のところではありますが、それこそFIGHTERSが勝ち続けてきた所以であると思います。
 「毎日100%を目指せ」「試合では、良くて80%しか出せへん」
 これは監督がよくおっしゃる言葉なのですが、毎日100%成功させることを目指して取り組まないと、試合の大一番でその1Playを成功させるのは無理だということです。確かに先日の関西大学戦でも、試合で結果を出した人間は2週間苦しんで、もがいてきた選手でした。
 大切なのは、220人いるうち何人がこれをやるか。京都大学は2枚目や3枚目、若い選手が出ると、そこを狙ってくる。覚悟が決まっていないとあっという間にやられてしまう。4年生や試合に出ているメンバーがやるのは当たり前で、2枚目以降や、試合には出られないメンバー、キッキングで少しだけ出場することが決まっているメンバーそれぞれが毎日100%成功させることを目指して準備をする。
 当たり前のようにも感じますが、80%を出そうと思って取り組めば、80%以上の力を発揮することは難しく、それ以下の力しか出せない確率が高くなります。あの京都大学に、あの立命館大学に勝とうと思えば、勝負所で100%決めきることしかありません。毎日の練習で、100%を目指して準備して、それができたかできないか。その日勝ったか、負けたか。ひたすらそれを2週間繰り返して、京都大学に挑みます。
この記事へのコメント
何時もコメントを拝見する度に、的確な分析力,最上級生の自覚のこもった文章に感心しています。
遥か杜の都から応援しています。
Posted by 矢ア幸一 at 2016年10月31日 16:35
関京戦を明日に控えて。
100%はフィールド内だけに非ず。ベンチからも1play入魂。審判と同じレベルでどんな場面も見逃さないよう集中しましょう。頭脳と気迫が肝要な試合となるはずです。
Posted by samurai at 2016年11月05日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック