2016年09月15日

理屈が先か気持ちが先か

 先週9月10日の第2節・甲南大学戦では、また多くの課題が見つかりました。41−0でゲームには勝ったものの、反則が5回30yd、オフェンスは4回のTurnoverを与えて、キッキングでも2試合連続となるロングゲインを許してしまいました。石井先生がコラムにも書かれていたように、今気づくことができた、与えられた課題は天からの贈り物で、前の試合の課題を確実に潰す為に何をするかが大切です。

 今春、私たちは立教大学と合同練習をする機会があり、京都大学出身で日本代表も経験されたKicker専任コーチとの交流など、新しいネットワークができました。さらに、今年度より水野彌一氏が立教大学でアドバイザーに就任されたということもあり、個人的に立教大学の動向が気になっていました。初戦の早稲田戦に敗戦した後、あるコラムに水野彌一氏の次のような言葉が紹介されていました。
 「理屈が先に立つフットボールは好きではない」
 理屈が先か気持ちが先か。この話が今年になってよく課題に上がります。
 自分たちよりアスリート揃いで身体の大きな相手に対して、緻密なプレーの精度にこだわる、勝負所を絶対に取る、それがFIGHTERSのフットボールの強みであり、FIGHTERSの勝ち方である。そこには確かな理論があり、ありとあらゆる想定と理屈の上に成り立っている。私たちにとって理屈というのは必要不可欠だと思う。理屈なしに、勢いや気持ちを優先してしまっては2流のチームである。
 一方で、理屈をどれほど並べても、アサイメントを完璧にこなせても、えげつなく強くデカい相手に更に気持ちで負ければ、100%勝ち目はない。試合の「ここぞ」というところでは相手もその1プレーを死ぬ気で止めに来る、通しにくる。相手の対面に立ち、相手よりも強い気持ちでやる。それが魂のこもったプレーだと思う。
 今の自分たちはどちらも中途半端な状態。もう一度自分たちの、FIGHTERSのフットボールは何なのか,
アスリートの集団に何で勝つのか、を心に留め、次節・龍谷大学戦に臨みます。
この記事へのコメント
雌伏の時期を経て甲子園に戻ってきた時の主将松岡君も気持ちが大事とずっと言っていましたね。

嘗て鬼神の如く強大な日大に対抗すべく、本場の原書を片っ端から丹念に読んで実践に活かした監督がおられました。高等部でも指揮を執られ、大型チーム相手にやはり、ふんだんに理論を実践されました。全盛期の篠竹監督をして、「最高のHCだ」と言わしめ、実際日大に勝ち越していた期間の方です。身近におられますが、近過ぎて意識されていないでしょうか?

気持ちで理論構築をたゆまず続け、試合で披露する。近年は身体面で大きく見劣りすることのなくなってきたFIGHTERSが何をどう活かしていくのか今後も注目しています。全ては成長のために。Fight Hard!

Posted by samurai at 2016年09月16日 10:36
 気持ちはゲーム直前でもロッカールームでスコンと入れることができます。監督、主将、主務の言葉が部員全員に火を付けることもしばしば。'97.「今日の4年生をよく見とけ」は印象に強く残っています。シーズンが深まると否が応でも気持ちは高まっていきます。オフシーズンにも猛鍛錬を積み、講義の合間や各種トレーニング中でも考えながら日々送ってきたことに自信を持っていいと思います。KGの場合、お祈りで心を落ち着かせることもしています。
 片や、理論はなかなかクイックチャージが効かない事実があるでしょう。一朝一夕には構築できません。
 FIGHTERSは論理的で緻密なプレイをするチーム、が世間のイメージかも知れません。間違ってはいませんが、ここ一番ではパワー自慢・デカイ相手に正面からぶつかり、ド真ん中にパスを通した場面も数多く観てきました。何年も前に殺気や怨念とは違う、勇気が一番の武器だと言った記憶があります。
 多くを抱え、一つ一つを克服しながら4年間を送れる幸せな環境にあると思います。
Posted by Blue Blood at 2016年09月16日 15:14
どちらも大事です。
でも気持ちが無い者が理屈を詰め込んでも、頭でっかちになるだけだと思います。解説者を目指すならそれで良いのかも知れないですね。
社会人に勝って日本一を目標にするのは悪いとは言いませんが、2008年から口にしていますが達成出来ていません。
どれだけやったら勝てるか分からない社会人に勝つ!という目標設定でボヤけてしまってる所があるのではと思ってしまう今日この頃です。
昨年、立命に負け挑戦者のはずです。
関大・京大も侮れませんが今年は『何がなんでも、立命に勝って甲子園』で良いのではないのでしょうか?
甲子園・ライスは勝ち進んだ時に考えればどうでしょう。挑戦者なのだから
Posted by たけボン at 2016年09月19日 07:11
お願いがあります。昨年立命に負けた主要因はキッキング(特にレシーブ)で大きな2回のミスをしたことです。今年今まで(龍大戦まで)の試合を見ていても その改善が全くなされていません。どうか、キッカーの進歩とレシーバーの確定による練習強化をお願いします。勝利への道だと思うんですけど。
Posted by 治さん at 2016年09月26日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック