2016年08月26日

FIGHTERSの4年生

 8月10〜18日に東鉢伏にて行われた夏合宿を終え、現在は秋シーズン初戦の同志社戦に向けて準備を進めています。合宿中に遠方よりお越しいただいたOBの皆様、またはこの合宿に当たりご尽力いただいた皆様、本当にありがとうございました。チームが変わるための貴重な合宿でしたが、私たち4年生にとっては何かをつかめたという自信よりは、恥ずかしながら多くのことに気づかされた合宿となりました。それは私たち4年生が「考える」ことに向き合ってこなかった事が原因だと感じています。
 勝ちたい気持ちがあって、立命に勝つためには何をすればいいのか、今の課題は何で、どうすれば改善されるのか。そういった具体的な考えが自分たちの中で当たり前ではなかったことに気づきました。気持ちがあるのは当たり前、一方で私たちがやろうとしている相手は気持ちだけで勝てる相手ではない。私たちの目指すフットボールはもっと高い次元にあり、そこを目指し続けることがFIGHTERSのフットボールであると私は考えます。
 昨年11月に立命館大学に敗れ、そこから4年生になってあっという間に秋シーズンが始まろうとしています。過去の4年生の先輩方にもいろいろと思うことや、感じることがありましたが、いざ自分がその立場になると、私自身を含めて4年生は盲目になりやすいと感じています。
 4年生になった途端、「FIGHTERSの4年生」とは何なのかを考えるようになり、FIGHTERSの4年生を目指し、「やらないといけない」という壁にぶち当たります。こうなってしまうと、義務感から4年生を演じ、プレーの面でも今までできていた事がチームの責任を背負うと動きが固くなって思うようなプレーができなくなり、もう何が何なのか、客観的な判断もできなくなっていく。私はスペシャリストとして、三輪さんや、西岡など、究極の責任と重圧に一度は潰されかけたキッカーを見てきました。チームの勝敗の責任と向き合い、「FIGHTERSの4年生」と向き合い、それを乗り越えて「自分が何をしたいのか」という純粋な想いを強く持つことができた時に、ようやく大一番で勝負できる腹の据わった選手になるのだろうと思います。
 私たち4年生は負ければ終わりのシーズンが始まります。いろんな課題を抱えていますが、一人ひとりが自分自身と向き合い、「自分が何を成し遂げたいか」を強く心に抱き、大一番で腹を据えて勝負ができるように、毎試合全力で挑んでまいります。
この記事へのコメント
甲子園を逃した翌年は要らぬ重圧が掛かって気持ち的にも大変だと思います。もう過去の話ですが、06年は4年生QB不在で春には惨敗も喫し、俗な予想ではとてもリーグを通過できる戦力ではないとされていました。当時の主務もチームをまとめ、鼓舞するのに腐心していたのを思い出します。ファイターズに所属する限り、多かれ少なかれプレッシャーに襲われます。50回優勝しても60回優勝しても、それはずっと変わらないでしょう

競技場では1プレイに集中です。SNPが供給するボールを受けてKに配するだけでなく、WRに投げたり自ら走る場面も出てくるでしょう。個々が役割を果たすことで、1ゲーム1ゲームを制御して下さい。結局は日々の鍛錬とフィールドでの積み重ねです。去年みたいに足下を掬われることのないよう、まずは着実に、甲子園へ歩を進めて下さい。応援しています。
Posted by samurai at 2016年08月26日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック