2015年09月10日

特別な相手

 桃山学院大学との初戦を50-0で勝利し、第2節での京都大学戦に臨みます。私は京都大学との対戦は第5節でしか経験していません。京大戦をこれほど怖いと感じたのは初めてです。
 京都大学との試合は伝統の「関京戦」という特別な位置付けにあります。これまでの何十回という対戦の中でその度に歴史に残る戦いをしてきました。それは第2節であろうと第5節であろうと変わらないはずです。京都大学がこの一戦に懸ける気持ちは最終戦にかけるものと同じ。死にもの狂いで、本気で私たちを倒しにきます。他のすべてを投げ出してでも私たちに勝つ、倒しに来るのが京都大学です。
 第1節の試合終了後、監督は試合を振り返ってこのようにおっしゃいました。
 「今回の試合は、これから対決する相手に良いビデオを贈る結果になってしまった。層が薄い。まだまだあかん。」
 私たちの課題は明確に現れている。多くの課題が残っているこの状況で京都大学との試合を迎えることに大きな不安を感じています。ただでさえ強い気持ちを込めてくる相手に、多くの課題を残す状況で、例年より短い準備期間で臨まなければならないのです。
 しかしこの状況の中で、現在の練習の中には「危機感」が足りていません。心のどこかで「勝てるだろう」という慢心があるのではないか。2004年の敗北を最後に、それ以降は京都大学相手に負けていないこともそうなっている一つの要因かもしれません。そのような慢心は油断を生み、思わぬ結果を招きます。昨年までの結果は今年には何も関係ありません。昨年の結果は昨年のチームが得たもので、私たち今年のチームが勝手に強くなることはありません。
 京都大学との試合まであと3日。全身全霊をかけ本気で私たちを倒しに来る京都大学を相手に、私たちは今の全力で戦うしかありません。そのための準備期間は限られています。1分1秒を勝つために繋げていきます。
この記事へのコメント
やっぱり今年も立命は強いです。京大を力でねじ伏せました。京大戦、ファイターズもチーム一丸となって頑張って下さい。いつも何万ものファンがついています。
Posted by アントニオ28 at 2015年09月10日 11:07
チームは成長過程なのはわかっていますが、ライスの後の鷺野君が『つきつめろ』『社会人のことをずっと考えろ』と言っていたのがチームに突き刺さってるのかなぁと思います。
桃山学院戦での試合開始前にスタンド下からグラウンドへの入場で私はガッカリしました。
先頭の方は塊となって入って来ましたが、最後の方は1人出てきて終わりかと思ったら少し間をおいて2・3人が出てくる感じが何度も続きました。
用事をしていたのかも知れませんが私には一丸となれていないと思いました。
京大は特別な相手ですが通過点の1つです。
社会人を倒すんですよね?
Posted by たけボン at 2015年09月10日 17:35
勝てて良かったと言うのが正直な感想です。
京大は関学を特別な相手として練りに練ったものを見せて来た。
対して関学はどうだったか。
副将の木下君の復活や1年の松井君のTDなど嬉しいこともありました。
が、現時点では立命に勝つのは難しいと言わざるをえません。
攻守ともにラインの奮起に期待したいものです。
何より残念なのが主将の試合後のコメントです。
『下級生がのまれかけてた』だの『4年生に多くミスがでた』
第4Qにほぼ立て続けにフォルススタートを取られた己に対する反省の弁は無いのですか?
反省すべき点をぼかして現状分析が出来なければ、正しく修正なんて出来ないと思いますよ。
私は選手が精一杯のプレーをしてniceゲームをしてくれれば良い。社会人を倒すと公言しているのでこういうコメントなのです。
今年の目標が関西学生の2位なら拍手で喜んでいますよ。
これで本当に危機感を持てないなら目標の修正をお願いします。
Posted by たけボン(天羽剛) at 2015年09月17日 06:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック