2006年08月25日

「死ニ方 用意」

 コンビニで買った「ピルクル」の賞味期限が9月3日でした。
 こんにちは。リーグ戦の試合日(の日付)に過剰反応する主務・神林です。怯えている訳ではありません。決して。たぶん…。
 いよいよリーグ戦開幕まで10日を切りました。僕ら4年にとっては終われば引退の、最後の秋シーズン。否が応にも緊張感は高まります。4年生同士の会話にも、そのような空気が混じるようになってきました。
 先日、4年のとあるスタッフと昼食を摂りながら話していた時のこと。同様に会話は自然とリーグ戦に向けての話になりましたが、その中で突然彼は僕に聞いてきたのです。
 「引退する準備、できてるか?」
 あまりの唐突さに、僕はまともな答えを返すことができませんでした。「いや、できてへんわ…」と、何かはぐらかすように答えて、会話はまた元の、チームについての話や仕事上の話に戻っていきました。しかし、彼の問いは非常に深く、今も僕の頭から離れることはありません(聞けば、彼もまたとあるOBから同じことを問われたとのこと)。「引退する準備」とは何なのか。それは、一言で言い表すことはできないのかもしれません。
 このことを考えていて、ふと思い出したシーンがあります。それは、映画「男たちの大和」の「死ニ方 用意」の場面。正月に映画を見たときも何となく予感はしていましたが、ここに来てやはり繋がってきました。
 あのシーンは「大和」の沈没の前段階という前提で見ているからこそ悲壮感のみが漂う場面のようにも見えますが、作中の説明によれば、どのような戦いでも彼らは「死への準備」を終えてから決戦に挑むのだそうです。戦いを前にして腹を決めるための儀式(と言っていたような気がするのでその前提で話を進めます)を済ませて決戦に挑むからこそ、戦場で腹を決められるのだ、と。
 僕にはあのシーンが、特に大試合前のそれまで見てきた4年生の姿に重なって見えて仕方がありませんでした。そして、その立場にとうとう、僕自身が立とうとしています。
 もちろん、戦争に勝っても自分は命を落とすかもしれない兵士と比べ、僕らは試合に負けても命まで取られるわけではないので、まるっきり「分かる」と言い切ってしまうことはできないかもしれません。が、7試合しかないリーグ戦で1敗することは、「甲子園」を目指す上ではほぼ「死」を意味するものです。「負けることを受け入れなければ勝負に挑むことはできない」とは大きな試合前に監督やコーチが長年言い続けていることですが、負けて悔いの残るような「準備」しかできていないのであればそれは、戦場で腹を決めることができない非常に弱い兵士である、ということになるのではないでしょうか。
 僕は負ける前提で話をするつもりは毛頭ありません。
 しかし、「負けても悔いが残らないような試合ができれば勝てる」ことも事実です。負ければ必ず悔いは残ります。そして、悔いは必ず、「あの時もっと…していれば」という思いから生まれることも確かです。
 僕らの「死ニ方 用意」とは、そのような後悔の芽を試合までに摘みきってしまうことではないでしょうか。そして、試合で「華」を咲かせるためのあらゆる種を全て蒔ききってしまうことではないでしょうか。
 初戦で対戦する神戸大学は、初戦に向けての「準備」がとても上手いチームです(昨年も京都大学を劇的な逆転で破っています)。また、後先考えずに目先の試合に全てをぶつけてくるチームです。
 見方によってはやぶれかぶれなようにも見えますが、彼らはずっと僕らを「殺す」ための準備を重ねてきているはずです。「自分を殺しに来る者に勝つには相手の息の根を止めるしかない。」小手先でいなして勝った気になっていては、何度でも僕らを殺すために立ち上がってくることでしょう。ひょっとすると、小手先でいなすだけの間合いすらも与えてもらえないかもしれません。
 そんな彼らを打ち破るべく、僕らは僕らなりの「死ニ方 用意」を済ませて初戦に望もうと思います。

初戦・神戸大学戦まで「あと9日」(8月25日現在)
この記事へのコメント
どんどん 文章がうまくなってきてますね。緊張感が伝わってきます。 感心していつも読んでいます。 
Posted by fan fan KG at 2006年08月25日 10:01
シーズンが始まったら,試合に全力を注いで欲しもののせっかくのブログが更新されないないのもさびしいような…。
一ファンの要望としては,シーズン中は的確で短文なのをお願いします。2007年の1月中旬以降,ゆっくり時間かけて最後のシーズンを振り返るような文章を…。余計なお世話ですけどね。
もちろんブログの更新は卒業されるまで続けられ,後輩に引き継いでください。よろしくお願いいたします。
Posted by ドロップゴール at 2006年08月25日 18:03
シーズン開始まであともう少しですね。悔いの残らぬ様、残りの時間を過ごして下さいね。健闘をお祈り致します!!
Posted by アポロ at 2006年08月28日 09:07
 4年生にとって最後のシーズンがいよいよ開幕しますね。春の経験を糧に、どれだけ成長したチームになっているのか、一ファンとしては期待とともに注目しています。柏木キャプテンをはじめとする4年生を中心に一致団結結束して、関学らしいゲームを積み重ねていってください。たぶん、1試合も観戦することはできないと思いますが、東京から応援してます。神林くんも頑張ってください。4年生のみなさんに悔いの残らないシーズンでありますように祈っています。
Posted by 応援してます at 2006年09月01日 00:13
なんで今年はシーズンパスないねん
Posted by 文句言い at 2006年09月03日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1187053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

YouTUBEの無料動画はいかがですか?男たちの大和 題歌 です。
Excerpt: YouTube PV 無料動画を楽しもう 音楽PV情報 長渕剛 - CLOSE YOUR EYES です。
Weblog: YouTube PV 無料動画を楽しもう 音楽PV情報
Tracked: 2006-09-08 17:06

男たちの大和
Excerpt: 戦艦大和の壮絶な運命を描く、辺見じゅんの原作を佐藤純彌監督が映画化した戦後80年記念作品。 長渕剛が歌う「YAMATO」がバックに流れる映像「序曲」(3分)が付けられた、特別仕様での登場!!
Weblog: DVD生活のはじまり
Tracked: 2006-09-12 01:38

戦艦大和
Excerpt: 大和(やまと)は、大日本帝国海軍が建造した大和型戦艦の一番艦。その悲劇的な最期もあって、人気の高い戦艦です。戦艦大和の魅力を探ります。 ・・・
Weblog: 戦艦大和〜YAMATO〜今だからこそわかる戦艦大和の魅力
Tracked: 2006-09-18 10:57