2019年11月15日

敗戦、そして

 2019FIGHTERSが1年間この日のために取り組んできた立命館大学とのリーグ最終戦は7-18で敗れました。私たちにとっては厳しい結果となりましたが、事実として受け止めなければなりません。
 リーグ戦は終了しました。これまで試合のたびにスタジアムで青い服を着て応援してくださった多くの観客の皆さん、遠方から応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。ここまでチームを支えてくださった皆様に心から感謝いたします。
 幸いにも、今年のチームにはここから挑戦できるチャンスがあります。「何が何でも勝つ」。今一度この気持ちを奮い立たせて、這い上がります。
 関西2位として臨む西日本代表校決定戦トーナメント。負けたら即引退です。自分たちに足りなかったものを明確にして、一戦必勝で臨みます。そしてもう一度立命館大学に挑戦できるよう、日々己と戦います。

2019年11月08日

「関立戦2019」

 今週の日曜日、ついにリーグ最終節の立命館大学戦です。
 私自身、立命館大学との試合には特別な思いがあります。このチームへの入部を決めた理由も、4年生になって主務になった理由も、「絶対立命に勝ちたい」と思う気持ちが強くあったからです。どんな時も立命を意識して、「今立命が何してるか」「今日立命がどんな気持ちでどんな1日を過ごしたのか」を考えて過ごしてきました。
 私自身は、これまで1マネージャーとして、立命のスタッフより何倍、何十倍も多くのことを考えて日本一強くてかっこいいチームを絶対に作る。そう思いながら自分の担当していた広報やビデオ班の仕事に向き合ってきたつもりです。そして4年生になって、昨年の西日本代表校決定戦のような逆転勝利ではなくて、勝つべくして勝つチームチームを作りたいと思い、「学生圧倒」「BLUEOUT」を掲げる中で、人として日本一になれているのかとチームに言い続けてきました。
 しかし、今年のチームはまだまだ発展途上です。
 どんな時も、立命がいたから、ここまで来ることができたのだと思います。相手に最大の敬意を持って、最強のライバルだからこそ、ここまでで良かったことも悪かったことも含めて、今年の全てを本気でぶつけに行きます。
 前節の関西大学戦で、あんなにも多くの人でスタンドが埋まっている王子スタジアムを、私は見たことがありませんでした。さらにスタンドのほどんどが青く染まっており、スタンドにいる皆さんが私たちと同じ気持ちで「BLUEOUT」を体現してくださっていることに、とてつもないパワーをもらいました。
 立命館大学戦はバックスタンドにはなりますが、万博競技場を青く染め上げるためにも、皆様の熱いご声援と青い服での応援が必要です。キックオフは15時になります。厳しい戦いになることは間違いありませんが、私たちは泥臭く、最後まで挑み続けますので、スタンドから一緒に戦って頂ければ幸いです。
 「2019関立戦」、ご声援のほどよろしくお願いします。