2016年08月26日

FIGHTERSの4年生

 8月10〜18日に東鉢伏にて行われた夏合宿を終え、現在は秋シーズン初戦の同志社戦に向けて準備を進めています。合宿中に遠方よりお越しいただいたOBの皆様、またはこの合宿に当たりご尽力いただいた皆様、本当にありがとうございました。チームが変わるための貴重な合宿でしたが、私たち4年生にとっては何かをつかめたという自信よりは、恥ずかしながら多くのことに気づかされた合宿となりました。それは私たち4年生が「考える」ことに向き合ってこなかった事が原因だと感じています。
 勝ちたい気持ちがあって、立命に勝つためには何をすればいいのか、今の課題は何で、どうすれば改善されるのか。そういった具体的な考えが自分たちの中で当たり前ではなかったことに気づきました。気持ちがあるのは当たり前、一方で私たちがやろうとしている相手は気持ちだけで勝てる相手ではない。私たちの目指すフットボールはもっと高い次元にあり、そこを目指し続けることがFIGHTERSのフットボールであると私は考えます。
 昨年11月に立命館大学に敗れ、そこから4年生になってあっという間に秋シーズンが始まろうとしています。過去の4年生の先輩方にもいろいろと思うことや、感じることがありましたが、いざ自分がその立場になると、私自身を含めて4年生は盲目になりやすいと感じています。
 4年生になった途端、「FIGHTERSの4年生」とは何なのかを考えるようになり、FIGHTERSの4年生を目指し、「やらないといけない」という壁にぶち当たります。こうなってしまうと、義務感から4年生を演じ、プレーの面でも今までできていた事がチームの責任を背負うと動きが固くなって思うようなプレーができなくなり、もう何が何なのか、客観的な判断もできなくなっていく。私はスペシャリストとして、三輪さんや、西岡など、究極の責任と重圧に一度は潰されかけたキッカーを見てきました。チームの勝敗の責任と向き合い、「FIGHTERSの4年生」と向き合い、それを乗り越えて「自分が何をしたいのか」という純粋な想いを強く持つことができた時に、ようやく大一番で勝負できる腹の据わった選手になるのだろうと思います。
 私たち4年生は負ければ終わりのシーズンが始まります。いろんな課題を抱えていますが、一人ひとりが自分自身と向き合い、「自分が何を成し遂げたいか」を強く心に抱き、大一番で腹を据えて勝負ができるように、毎試合全力で挑んでまいります。

2016年08月04日

自分の種

 春季のテスト期間が終わり、秋シーズンを迎えるにあたって最も重要な8月の練習がいよいよ始まりました。練習の初めに前島先生よりお祈りがあり、次のような言葉をいただきました。
 「自分で種をまきなさい。人がまいた種を見たければ、それまでだ。ひとりひとりが自らの種をまいて、全員で秋の収穫を喜んで迎えよう。」
 1年生もほとんどのメンバーが防具を着けて練習に参加し、グラウンドは人で溢れかえっています。これだけの人数がいれば、試合に出場できる限られた枠を獲得するのは並大抵の努力で叶うものではありません。隠れようと思えばいくらでも隠れることができて、人のまいた種に乗っかって収穫を喜ぶことはとても容易い。
 しかし、本当のおもしろさはそこには無い。自分自身がどうなりたいか、自分のパートをこうしたい、自分のチームをこうしたい。そういう想いがあって、それに向けて毎日を必死で過ごす。その繰り返しで、できていなかったことができるようになっていく。それはとてもしんどくて、時には目をそむけたくなることもあるが、そこに本当の「おもしろさ」があるのだと思う。
 人から注意されることや、分からないことを人に聞くことはよく見る光景であり、ごく普通のことであって、それをどれだけ自分の心の中にとめて、練習以外の時間に自分が本当に納得いくまで考えることができるか。グラウンド外で考えることがまだまだ苦手なチームだと思います。
 小中高時代の夏休みの宿題と同じで、人からやれと言われてやることほど退屈でつまらないものはない、と私自身常に思っていました。自分で悩んで考えて、自分の方法でやって結果をだすからおもしろい。
 この夏でチーム全体の練習はVとJVに別れてしまいます。シーズンを経て、メンバーが入れ替わることは頻繁にありますが、Vメンバーはチーム全員の“勝利”を背負って戦う責任があり、JVメンバーはチームが勝つ為にスカウトチームとしてVチームと戦う責任があります。
 それぞれにチームの中で与えられた役割や責任はありますが、その中でひとりひとりが自分は「こうやりたい、こうなりたい」という想いを持ち続け、全員が「考える」ことに向き合えば、より強い個の集団となり、チーム力が上がると考えています。授業がなく、フットボールに向き合える時間がある今だからこそ、考えに考え抜いて、自分自身で種をまき、自分の力で収穫に迎えるようにこの夏を過ごして参ります。