2015年11月24日

敗北

 立命館大学とのリーグ優勝をかけた試合は27−30という結果で敗北し、今年度のファイターズは関西学生リーグ2位という結果に終わりました。試合終了後にスタンドを見上げてみると、本当に多くの方に応援して頂き、支えられていたということを感じました。スタンドに来て応援してくださった皆様、テレビの前で応援してくださった皆様には本当に感謝しております。
 正直なところまだ気持ちの整理が出来ておりませんが、私たちは2週間後の12月6日に富士通スタジアム川崎で行われるTOKYO BOWLへ出場します。チームが掲げていた目標とは異なりますが、それでも最後に私たちは勝利して終わります。この2週間、目の前の相手に勝つために全力で取り組みたいと思います。

2015年11月21日

腹を括って

 立命館大学戦が目前に迫ってきました。関西学生リーグ最終戦を全勝同士で戦います。これまでの6試合の内容から、立命館大学が強敵であることは周知の事実であり、厳しい戦いになることは明らかです。今までの人生の中で、これほどまでに「負け」を意識したことはありません。この試合に勝つか負けるか。それによってこの先続けられるかどうかが決まります。「この試合に負ければ引退」ということはリーグ戦全てにおいて変わらないのですが、最終戦では特別に意識してしまいます。
 この2週間、私たちは立命館大学に勝つために練習をしてきました。どのレベルまで成長できれば勝てるのかは誰にもわかりません。死に物狂いで練習しても勝てるかどうかわからない相手に挑むこの状況は、今までのどの試合よりも「負け」を意識させられます。思い起こせば、私が関西学院高等部の3年生の秋、関西決勝で大阪産業大学附属高校に負けて引退しました。その次の日、私は学校に行くのがとてつもなく嫌でした。私たちなりに必死にやってきたことが通用せず、後悔や脱力感で何もやる気が起きなかったことを憶えています。負けた翌日はこんな気持ちになるのかと、何か自分の中にあった大きなものがどこかへいってしまったような気持ちでした。
 今私たちが抱えているどうしようもない不安は、拭いきれないものであると思います。その不安はなぜ生まれるのか。それはどこかでやり残したことがあるからかもしれません。あの時こうしていればよかった、ここはもっと詰め切ることが出来た、なぜこうしなかったのか、考えれば考えるほど出てきます。不安を打ち消すことは出来ません。なぜなら、その不安はこれまでの行動の結果だからです。だからこそ、それと正面から向き合い、そのうえで「腹を括って」試合に臨むのです。
 関西学生リーグ最終戦、チーム全員一丸となって臨みます。

2015年11月03日

学生スポーツの意義とは

 学生スポーツの意義とはなんだろうか。中学部からフットボールに関わってきて、学生スポーツの意義について考えることが多くありました。学生の本分は勉強です。それは日本国内、ひいては世界中の常識であると思います。学校とは学ぶことを目的とした場所であり、そこでスポーツに力を注ぐということはどのような意味があるのでしょうか。私は人間性という部分においてその意義があると思います。
 世間一般において、最近は体育会へ向けられる視線が厳しくなっています。体育会として活動する上で、「競技的成長」と「人間的成長」の二つの成長が目的として挙げられます。当たり前の話ですが、どちらか一方だけの成長を目指す団体は体育会として活動する価値はありません。競技を通じて得られる「人間的成長」が体育会で活動する意義であり、ただ強いだけでは意味を成しません。
 「一人前の人間になる」ということを目的として私たちは活動しています。いつも鳥内監督がおっしゃっているその目的は、口で言う分には簡単なことに感じるかもしれません。しかし、実践することは本当に難しいことだと思います。グラウンドで死力を尽くして練習していても、日頃の行いが悪ければその程度の人間だという事になります。もちろん私たちは日ごろの行いを良くするだけが目的ではありません。ただ単に、モラルを徹底するだけの部ではありません。日頃の行いを徹底するのはなぜか。それは私たちが学生スポーツをしているからです。私たちには他大学や社会人チームのような実力はありません。だからこそ、常日頃の行動から高いレベルを徹底することが、勝つために必要となるのだと思います。
 昨日の覇業交歓で、私たちアメリカンフットボール部は池内杯を受賞させていただきました。受賞する部を決めるにあたって、その年度(昨年の覇業交歓から今年の10月まで)の戦績・部のまとまり・部員の態度などを総合して決定されるそうです。この選考にあたっても戦績以外の項目が重要視されています。私たちが体育会として活動する上で、その根底となる行動規範がなければただの烏合の衆であり、私たちが目指すべきなのはそのような集団ではありません。「どんな人間になるのか」、そのための行動を積み重ねることが私たちの力となるのだと思います。
 関西大学戦、続く立命館大学戦と関西学生リーグの大一番です。ご声援のほどよろしくお願いいたします。