2017年10月17日

見据える力

 先日の甲南大学戦は42−7で勝利することができました。しかし、今回の結果、内容は十分であったとは言えません。オフェンスではテンポの悪さや取りきるところで取りきれない、ディフェンスではズルズル進められるシーンなどが数多くありました。サイドラインにおいても必要な声が伝わっていない、動きがテキパキしていない等の反省が露呈しました。
 第3節の京都大学戦ではなんとか勝利することができましたが、命取りになりかねない反則やイージーなミス等が目立ったことから、こんなところで立ち止まっている場合ではない、次の甲南大学戦では着実に成長し、さらにステップアップした試合展開にしようと決め過ごしてきました。しかし、各ポジションで決めた目標を達成すること、前節での反省を生かし、成長したことを証明するゲームにするということはできませんでした。なぜこのような状況に陥ってしまったのか?それは、「見据える力」が足りない、これに尽きるのではないかと思います。練習に臨む顔つき、目つき、態度からも明らかでありました。どこか抜けている、そう言わざるを得ない状況でした。そのような状況で以下の言葉を知り、はっとさせられました。
 「ただ勝つことに未来はない。その場しのぎでやって、それが永遠に続くことはない」
 今、私は、自分は未来を見据えているのだろうか。目の前の相手だけではなく、その先に対戦する相手をも見据えているだろうか。目の前にとてつもなく強い、上手い相手がマッチアップすることを見据えているだろうか。思い通りにいかない時、どう状況をどう打開するか見据えているだろうか。それらを踏まえた上で、今回の結果、今の取り組みでどうであったかを考えてほしい。目の前の相手にただ勝てばいいのではなく、その先も見据えた上でどう勝つのか。その上でどんな練習をするのか。これらのことにどれだけの人間が気づいているのか。
 元ラグビー日本代表監督のエディジョーンズさんは、
 「技術的にも感情的にも,常にやる気が満ちあふれている組織はありえません。生きていく中で100%頑張る気持ちになれない朝もあるでしょう。でも、そういう日こそ自分を奮い立たせないといけません。波を小さくさせ、一貫性を保つことが成長の差を分けるのです。」
とおっしゃっています。試合直前に焦るのは当たり前、如何なる時でも目の前だけではなくその先をも見据えることが成長し続けるために必要な心構えだということなのではないでしょうか。
 未来を見据えた時、どんな心構えで、どんな取り組みを今すべきなのか、今一度自問自答しながら過ごしてまいります。

2017年09月21日

「裏付け」のある闘争心をもって

 いよいよ京都大学との試合を迎えます。前節の桃山学院大学との試合は65-0で勝利することができましたが、監督や石井先生が「自分たちが強いと勘違いしたらあかん」とおっしゃったように、京都大学は今までのように勝てる相手ではないことは身にしみて感じております。勝つなら僅差、負けるなら大差、このような思いで前節が終わってから取り組んでまいりました。
 また、これまでの試合とは確実に違うものが今回の試合にはあります。過去の試合を見てみても何が起こるのかわからない、それが関京戦です。えげつないタックル・ブロック・それでいて緻密に練られた戦術等、考えれば考えるほど「恐怖」の二文字が襲いかかり、どうすればいいのかと悩んで夜も寝られない日々が続きました。ビデオを見ていても各ポジションに隙はなく、厳しい戦いを強いられることは確実です。では、これまで経験したことがないような並々ならぬ気迫と実力を持ったそのような相手にどのように戦うか。
 私は、たとえどんなに格上の相手でも下手に回らず、えげつない闘争心をもって目の前の1プレーに全てをぶつけること、これしかないと思います。戦術やファンダメンタル等様々な要因があるものの、試合でそのようなことを意識しながらやっても全力を出しきれるわけがありません。目の前の相手に絶対に負けない、絶対に勝ってやる、この思いが強い方が勝つ、そのように思います。どんなにやられても、どんなにうまくいかなくても「なにくそ、今に見とけ。絶対にやり返したる」と心を入れ替えて毎プレーに全てをぶつけます。
 最後に、我々が心に留めておくべきことが1つあります。それは、試合が開始するまでの時間は闘争心に「裏付け」をつける時間だということです。ただやみくもに気持ちをぶつければいいというわけではありません。どうすれば勝負できるのかと悩み続ける、これまでの自分たちの取り組み、フットボールにかけてきた日々を思い返し自分自身を奮い立たせるなど、尽きぬ不安と戦い続けた者が試合開始と同時に無の境地に達することができるのだと思います。
 不安は尽きないかもしれない。ただ、試合が始まるまでは絶対にそこから逃げるな。1つでも不安なことを消すために、できることはなんでもやろう。そして、試合が始まればその不安を全て払拭し、えげつない闘争心をむき出しにして戦おう。誰一人として欠けてはならない。選手・スタッフ関係なく、与えられた場所で己の役割を全力で全うしよう。
 22日の18時45分、男と男の意地のぶつかり合いが始まります。2017年度FIGHTERS、全部員が腹をくくって試合へ臨みます。

2017年09月08日

真価が問われる

 同志社大学とのリーグ初戦、結果は28−0で勝利したものの、前半のスコアは7−0。ディフェンスのゴール前でのインターセプトがなければ失点し、同点で後半を迎えていてもおかしくない試合でした。もし同点で前半を終えていたら、全員が「まさか」「こんなはずでは」と浮き足立ち、結果は変わっていたに違いありません。本当にフットボールの実力だけではなくチーム力そのものの弱さ、脆さが露呈した試合でありました。
 このような試合になってしまったのには必ず理由があります。原因はやはり日々のフットボールに対する向き合い方、取り組み方にありました。一人一人の中に「自分は何をしたいのか」という強いこだわり、思いがあるのかどうか。同志社戦の2日前、コーチから「このチームから何をしたいのか、どんなゲームをしたいのかというものが全く伝わって来ない」という旨のご指摘を受けました。
 一人一人、全く頑張っていないわけではない。しかし、がむしゃらに、ただやみくも取り組んで勝てるというほど相手は甘くありません。どのように結果を出すのか、そこから「正解はない」という理由をつけて考えることから逃げていたのではないかと思います。
 練習の1つのメニュー、1つのプレーの精度、1つの集散、1つのダッシュにどれだけ馬鹿みたいにこだわっているのか。一戦一戦勝ち抜かなければならないものの、目標である日本一になるためには試合を重ねるたびに成長していくしかありません。
 また、なかなか結果が出ないことに対して「ああ、何故こうもうまくいかないのか」で終わっていないだろうか。どうすればこの状況を打開できるのか、どうすればプレーが通るのか、止まるのか、そこに目を向け、徹底的に考え抜かない限りこのチームに先はない、その現実が突きつけられています。
 この現状を受け、前節の試合後に各ポジション・各個人の今年の目標を再確認し、その上で次の桃山学院大学戦でどんなプレーをしたいのか、そのために日々何にこだわって、何をして過ごすのかを共有し、過ごしてきました。明日の試合の結果が今年度ファイターズの今後を決めるといっても過言ではありません。勝ちに執着するのはもちろんのこと、どうやって勝つのか、どんなゲームを展開したいのか、どんなプレーをしたいのか、どんなサイドラインを作るのか、前節の結果から何を感じ、どれだけ本気で結果を出すことにかけてきたのか、それらが試される、正に「真価が問われる」試合です。試合までの残された時間、今週の取り組みを振り返り、試合当日に自分は何を体現するのかを再確認したうえで、試合直前まで徹底的に準備をして試合に臨みます。

2017年08月26日

KG FOOTBALL

 8泊9日の夏合宿を終え、現在は初戦の同志社大学戦に向けて準備を進めております。今年の夏合宿のテーマは「日本一になるための合宿」でした。勝つためには何が必要なのか。絶対に負けないという闘争心、プレーの精度、様々なものがあるなかでいつも我々はどれか1つに偏ってしまうように感じています。何が一番大切かという議論がよく巻き起こりますが、そこに答えはなく、優劣がつくものではないのです。今回の夏合宿においても、やはり同様の問題が発生しました。一人一人のプレーに対する思いがいくら大きくても、プレーの精度や戦術理解が比例して伸びていない。いくら強く勝ちたいと思っていても、それだけで勝つことができるほど日本一というものは甘くない。合宿中の練習やコーチ、OBの方のお話を伺う中でそのように感じました。
 「頑張っていない訳ではない。ただ、どこのチームも本気で勝ちたいと思って頑張っている。我々が目指す目標を達成するためには、目標から逆算し、今、本気で何をするかが大切なのである。」
 「プレーの精度をどうすれば高めることができるのか。そこに本気で向き合い、思いを込めて取り組むことが我々のフットボールなのである。」
 今、我々のフットボールはどこか空回りしている、そのことに改めて気付かされた夏合宿でありました。細かい戦術やファンダメンタル等から逃げずに、本気で、試合直前まで向き合い続け、試合が始まればあとはやってきたことを信じて全てを出し切る。1Playに思いをのせる。これこそが"KG FOOTBALL"なのではないでしょうか。
 時間は刻一刻と迫っており、間も無く我々4年生にとっては最後の秋シーズンが始まります。負ければ「引退」という2文字がかかったシーズンは、これまで下級生の時に感じてきたもの以上の重みがあり、正直なところ「負けたらどうしよう」という不安に苛まれる日々を送っております。多くの課題、問題があるなかで迎えるシーズンでありますが、我々の目標を達成するためには一戦たりとも負けることはできません。試合に出るメンバー、控えメンバー、スタッフ全員が試合開始直前まで悩み、考え抜き、あとはやるだけだという境地になるべく、できることを全てやり抜きたいと思います。試合が始まれば一人一人が「こいつには絶対に負けない」という闘争心をむき出しにしたプレー、"KG FOOTBALL" を体現し、必ずや日本一を達成したいと思います。ご声援のほど、よろしくお願い致します。

2017年08月10日

Chance to "Change"

 8月1日より、夏季練習がスタートしました。前回のブログにも書いたように、7月の試験期間は勉学に向き合うだけではなく、「春シーズンをじっくりと振り返り、残す秋シーズンで何をしたいのか、そのためには何をしなければならないのか」を自分自身と向き合って考える大切な時間でありました。手応えがあった、空回りしてしまった、ただなんとなく過ごしてしまった等、一人一人反省は違うと思います。個人個人が出た反省を次にどう活かすのか、あとはやるかやらないか、実行に移すときがやってきました。
 しかし、いざ練習が始まったものの、一人一人が決めたことをやりきっているとは思えない状況が続いています。よくチームで言われることですが、暑さや疲れ等、様々な外的要因があるしんどい状況で発揮できるもの、それこそが本当の実力であり、心の強さであるということを実感しております。
 そうした中、8月10日から夏合宿に入ります。それにあたり、心にとめておくべきことについて今回は書きたいと思います。それは、監督が先日の練習終了後におっしゃった、明確な「覚悟」を持って合宿に臨むということです。合宿という環境に身を置けば変われる、成長できるというのは大きな間違いです。「秋に自分はどうなりたいのか。そのためには合宿でどうなっているべきであり、何をしなければならないのか」という具体的なものがなければ、ただやり過ごすだけの夏合宿になってしまいます。
 これまでの夏合宿ではミスした者に対してただ罵声を浴びせる、目に前のプレーに熱くなり不用意なことをするというようなことが目立っていたように感じました。一つ一つのプレー、取り組み、発言に自分なりの考えが、裏付けがあるのかどうか。その原動力が「夏合宿だから」になっていないか。ただやみくもに、その場限りの感情にまかせるだけでは秋には繋がらない「やりきる」だけの夏合宿になってしまいます。だからこそ、一人一人が熱く・明確な覚悟を持つことが大切なのです。
 主将の井若が言うように、「変わるための夏合宿にしたくない。だが、夏合宿で変われなければこれから先変わることはない」、この言葉の意味を一人一人が今一度心にとめ、日本一という目標を達成すべく、合宿に臨みたいと思います。

2017年07月18日

「臆病であれ」

 私の好きな言葉の中に「臆病であれ」というものがあります。これは、ある左官職人が仕事をする上で大切にしている流儀です。気温や湿度に左右される繊細な仕事柄がゆえ、決して油断は許されません。「自信を現場に持ち込むな。臆病者こそ、大きな仕事が出来る」という意識を常に持ち続けることが、最悪のあらゆる事態を想定することに繋がっているのだそうです。
 これまで私は、試合等を迎える際には自信に満ちあふれていなければならない、と思い込んでいたのですが、この言葉に出会ったことで、「一流」と言われる人でも目の前の仕事に対して臆病になっている、臆病になることは決して悪いことではないのではないか、と勇気づけられました。
 現在大学はテスト期間に入っており、部員たちは学生の本分である勉学により一層集中し取り組んでいます。直近の試合もなく、春シーズンほどの慌ただしさはありませんが、この春をじっくりと振り返り、来る秋シーズンで何をしたいのか、そのためには何をしなければならないのか、等を見つめ直す大切な時期です。つまり、7月をいかに過ごすかが個人としてもチームとしても秋シーズンの結果を決めると言っても過言ではありません。
 与えられた時間は他大学の選手、社会人選手と何ら変わりません。そう考えれば考えるほど、「彼らはいまどんなことをしているのだろう」「果たして、今の取り組みで本当に勝てるのだろうか」という不安な思いが絶えず頭をよぎります。しかしこのような状況だからこそ、冒頭で紹介した「臆病であれ」という言葉を心に刻み、今できることを彼ら以上にやり抜くことが大切なのではないでしょうか。
 8月の練習開始まで残りわずかとなりました。8月に入れば時間があっという間に過ぎ去るだけでなく、自分自身をゆっくり見つめ直す時間等を確保することが困難になります。今一度、一人一人がチームを、パートを、自分自身を見つめ直してまいります。

2017年06月26日

「オオカミの群れ」

 先日、私の中学時代の恩師から「No.2理論―最も大切な成功法則」(西田文朗)という本を薦めていただきました。主な内容は組織におけるNo.2の重要性についてですが、その中に我々の春シーズンを振り返ったような、考えさせられる文面が記されていました。
 「オオカミの群れにもボスがいて、手強い相手と戦う時には見事な連携プレーを見せる。しかし、彼らは仲間に指示を出したり、落ち込んでいる仲間を勇気付けたりしない。これは、本能的な一体感があるがゆえである。人間は、このような本能的な連携プレーができないからこそ目標を掲げ、それを確実に、効果的に行うのである」
 春シーズンを終え、これまでの我々を見つめなおした時、まさにこの本における「オオカミの群れ」になってしまっていたのではないかと痛感しました。たただやみくもに練習するだけ。気持ち、気持ちと声を荒げて言うだけ。監督がパナソニック戦の試合後、「気持ちだけで試合に勝てるわけがない」とおっしゃった事が全てであったと思います。
 春シーズン、学生相手には勝利したものの、その勝利は次に繋がるものだったのだろうか。パナソニックの敗戦を心の底から悔やんでいる者がどれだけいるのだろうか。勝利と敗北から何を得たのか。
 自分たちは弱い。その分やらなければならないことは山積みです。しかし、何事もただやみくもにこなせばいいという訳ではないということを春シーズン通して感じました。自分たちが例年以上に弱いという事実を受け入れつつも、「何を、いつまでに、どのように達成するのか」と冷静に計画的に考える力、これこそが私自身を含めたチーム、特に4年生に足りていません。
 気持ちを発揮するための土台作りができるか否かは8月の練習開始までの期間にかかっています。もう一度、一人一人が自分自身を見つめなおし、「あとはやるだけ」という思いで8月を迎えられるよう取り組んでまいります。

2017年05月14日

自責と他責

 更新が遅くなり申し訳ありません。
 今回は、現在のチーム状況について書かせていただきます。
 先日、アシスタントコーチである島野さんから4年生に向けて、「自責と他責」という題目の文書をいただきました。その中に、現在のチーム状況を表したような一文がありました。
「今のあなたに、RBがファンブルするのも、LBがミスタックルするのも、キックが外れるのも、全て自分の責任だと言えますか?それが出来てこそ、本当の仲間、大人のチーム、日本一のチームになれると思っています。」
 この言葉を自分自身、チームに当てはめるとどうだろうか?私には思い当たる節があります。高校時代の最終戦、敗れたときに真っ先に沸き出た感情が、「あいつが」「お前が」という他責なものでありました。今回の島野さんの言葉を読んだうえで振り返ってみると、負けた時に他人の責任だと思っている時点で、負けるべくして負けたのではないか、また、「仲間のミスは俺のミス」と胸を張って言えないほどの取り組みであった自分に憤りを感じました。
 チームで起こる問題・課題・ミスに対して、何人が、どれだけ我が事のように考えて取り組んでいるのか。昨年から主力が多く抜ける分、上級生・下級生など関係なく、同じレベルでミスに対して要求しようと4年生で決めて取り組んできました。ただ、それは結果的に言いっ放しになっていたのではないか、ミスをした仲間に対して罵声を浴びせていただけではなかったか。「優しく接しなさい」という訳ではありません。生ぬるい優しさではなく、時には厳しくもある「仲間を思った指摘」が、我々のチームにはまだまだ足りていないのではないか、と思います。
 言いっぱなしで終わらせるのではなく、仲間が同じミス・問題を二度と起こさないよう練習に付き合う、何故そうなったかを一緒に考える。毎年言われていることですが、一部の人間だけが動いて変わることではありません。「おまえが」「あいつが」というような他責な環境ではなく、より多くの部員がお互いに興味を持ち、「あいつのミスは俺のミス」と言えるだけの覚悟を持てるような環境を作るべくこれからも精進して参ります。

2017年03月27日

「正解はない」

 多くの部員は思い悩んだとき、「過去の先輩方はどのようにして乗り越えてきたのだろう」、こう思うことが多々あるのではないでしょうか。
 私自身、新チームが始まって以来毎日のようにこのような感情に掻き立てられております。「伝統あるFIGHTERSなら、正解の書かれたマニュアルのようなものがあってもいいのに。」情けない話ですが、このように思ってしまうこともあります。しかし、どこを探しても、正解なんてものは見つからないのです。
 この言葉は、あらゆる場面で聞こえてきます。ヒットの仕方、アサイメント、4年生とは、主将とは、主務とは・・・。
 しかし、そんなものはないのです。油谷ストレングスコーチは千刈合宿において、「この合宿が正しいかどうかなんて、ライスボウルになるまでわからない。勝てば正しかったと証明できる」とおっしゃいました。現時点で正しいかどうかなんてわからない。つまり、大切なのは正解の有無ではなく、結論に至るまでの過程なのではないか、こう思うようになりました。
 何が正しいかわからない。それでも、理想を追い求めるべく考え、悩み続けたうえで正解はないと結論づけるのか。そうではなく、何も考えずに正解はないと結論づけてしまうのか。結果は同じように見えても、中身は大きく違います。
 最近、チームでは何もかも「正解はない」で片付けてしまうような風潮が流れています。果たしてそれは前者のように考え尽くした上での答えなのか、後者のように中身のない答えなのか、常に疑問を持ち続けることが大切なのではないでしょうか。
 千刈合宿、春季2次合宿が終わり、初戦が刻一刻と近づいてまいりました。今年はご存じの通り、多くのメンバーが抜け、誰が出場するのかわからない状況です。「自分たちは弱い。その上で何をするか。」正解のないこの問いに学年・選手・スタッフ全員が向き合ってまいります。

2017年02月19日

2017主務ブログスタート

20170218_shumu_miki.jpg


 はじめまして。2017年度FIGHTERSの主務を務めさせていただきます、三木大己(みきたいき)と申します。1年間、Fightersで起こっている様々なことを私なりに分析し、より多くの更新で皆様に伝えていけたらと思います。至らぬ点は多くありますが、どうぞよろしくお願い致します。

 はじめに、私の略歴について紹介させていただきます。

2008年 関西学院中学部に入学
 タッチフットボール部に入部。高槻中学に3年連続で敗れ引退。

2011年 関西学院高等部に入学
 3年生時、立命館宇治高校に春秋ともに敗れ、関西2位という結果に終わる。

2014年 関西学院大学経済学部に入学
 2年生途中までDLとしてプレーし、夏にTEにコンバート。以後はTEとしてプレーし、昨年はスターターとして出場させていただきました。

 そして本年度、主務を務めさせていただきます。
 本年度は昨年度の主力メンバーが多く抜け、戦力的に大きくダウンするなど様々な課題を抱えております。そのような状況であろうとも、我々は「RICE BOWLで社会人に勝って日本一になる」と決意致しました。
 圧倒的に実力が上である相手にどこで勝負するのか、それは「総合力」に尽きると思います。一人一人の絶対に負けないという闘争心、取り組み、一学生としての姿等、全てにこだわりぬいた上で生まれるもの、それが「総合力」であると考えます。私にはその重要性を訴えチームを引っ張る責任があると思い、幹部に立候補致しました。そして、昨年のことは一切抜きにして今年のチームをどうするか、多くの仲間と話し合い、様々な意見を踏まえた上で結果として「主務になる」と決意致しました。
 昨年同様、選手からの選出ということで手探りではありますが、選手として、主務として、一人間として成長し、個人的には「社会人・立命館相手に自分のBlock、Catchでチームを勝たせる」を体現致します。
 新チームは2月より始動しております。練習やトレーニング、ミーティング等様々な場面で私自身を含めた一人一人の心の弱さが露呈するなど、まだまだ未熟な面が目立ちます。各々が自分自身の弱さと謙虚に向き合いつつそれを地道に克服し、一選手として、一人間として強い集団となり、最終的には「RICE BOWLで社会人に勝って日本一になる」を達成すべく、主将・井若、仲間とともに日々精進してまいります。
 本年度も、皆様のご声援をよろしくお願い致します。

関西学院大学体育会アメリカンフットボール部
2017年度主務 三木 大己