2020年05月16日

トレーナー目線で

 5月に入り、緊急事態宣言が延長されたことでアメリカンフットボール部の活動自粛も延長されている状況です。4月に活動自粛が決まった時は、5月末までグラウンドでの活動が出来ないということを想定出来ていなかったのが正直なところではあります。6月以降に活動が再開になったとしてもすぐに練習が出来るのかと言えばそうではないと思いますが、今できることをやって秋シーズンに向けて備えていきたいと思います。
 今回はトレーナーの観点からトレーニングについて、お話させて頂きたいと思います。1月から新チームが始まり、今年のチームは「走る」ことをテーマにトレーニングが始まりました。例年であれば1月のテスト期間は、各自で筋力トレーニングを中心にトレーニングを行うのですが、今年は1月から走り込みを開始しました。本格的にシーズンが始まった1月末からトレーニングの強度も少しずつ上がり、2月には2週間に渡って千刈合宿が行われ、相当な量を走り込みました。3月からはパート、ユニット毎での練習と並行してトレーニングを行い、肉体的にかなり追い込みました。私は高校まで野球部に所属し、野球のオフシーズンであるこの時期はかなりの量を走り込みました。その結果下半身の怪我をしたことが無く、走り込むことがいかに大切かを身を持って知りました。この経験から、走り込むことの重要性を部員に上手く伝えたかったのですが、中々上手く伝わりませんでした。選手が春の試合で走り込んだ成果を出してもらいたいと思っていたのですが、それが活動自粛、そして試合の中止で出来なくなりとても残念です。
 現在は、オンラインでトレーニングの指導を行っています。Zoomを利用し、8名〜10名でトレーニングプログラムを基に実施しています。ベンチプレスやスクワットが出来るような器具は無いので、満足の行くトレーニングは出来ていませんが、自重トレーニングやペットボトルをダンベル代わりにするだけでもかなりのトレーニング効果を得ることが出来るプログラムを組んでいます。
 活動が再開できれば、秋シーズン終盤まで戦える身体づくりを目指しトレーニングを積んでいくことになります。本格的にアメリカンフットボールの練習が出来るのはまだ先になりますが、再開できたときにすぐスタートがきれるよう、部員それぞれが今の一日一日を大切に行動していくことが重要です。

2020年04月29日

かつてない状況だからこそ「今」できること

 本来であれば先週の25日に初戦のKGボウルが終わり、各パートでミーティングを行い、次戦に向けて練習を行っている時ですが、コロナ禍の状況の中、各自自宅で出来ることを行っています。チームとしては先が見えにくく混乱している状況です。
 そんな中で、先日主務ブログをスタートさせていただき、多くの方から「見たよ」「読んだよ」という言葉を頂きました。正直に申しますと、国語が苦手で文章力の無い私が書いたブログをこんなにも多くの方が見てくださっていて、驚きの感情が一番大きくありました。このような状況だからこそ、多くの方がホームページにアクセスしていただいているということもあると思うのですが、FIGHTERSというチームの大きさを学んでいます。
 1年生の時、大学から関西学院に入学し、フットボール未経験で入部した自分が、3年後に主務になるとは想像もつきませんでした。私はこれまで選手、トレーナーとして活動し、主務のことについて考えたことが一度もなければ、FIGHTERSというチームのことを何も知りませんでした。4年生になり、主務やFIGHTERSというチームのことについて考え、自分は何をしたいのかを考えた時、自分どうこうよりも「このチームで勝ちたい」という思いが一番にあり、それを表現したいと思い主務に立候補しました。他にマネージャー井上、アナライジングスタッフ前川が立候補し、主将、副将と話し合いを重ね、最終的に主将・鶴留が私に託してくれました。
 例年であれば、春は定期戦や交流戦、JV戦などで経験を重ね、秋シーズンに向けたチーム作りを行っていく時期ですが、今年はそうではありません。未だかつてないこの状況で、この先どうなるのか分からない、このチームどうなってしまうのか分からない、それが本音です。2月、3月にハードなトレーニングを行い、積み上げてきたものがゼロに戻ってしまうのではないかという不安もあります。
 ですが、一方でこの状況は二度とないチャンスなのかもしれません。4月に入り、多くの方々とお話させていただく中で思ったことがあります。それは、この苦しい状況を一番高いレベルで乗り越えられたチームが今年の日本一になるということです。1年間を通して自分と向き合える時間をこんなに取れる年はありません。だからこそ、今、自分自身と向き合い、活動を再開出来た時のことをイメージして過ごすことが求められます。それがどんなに些細なことであっても日本一への布石となり、自分のためでありチームのためになると思います。
 この状況だからこそ、チーム力を問われていると思います。「勝つべくして勝つチーム」になるために一人ひとりが今できることを積み重ねていきます。

2020年04月12日

2020主務ブログスタート

OGPImage


 はじめまして。2020年度FIGHTERSの主務を務めさせていただきます、末吉光太郎(すえよしこうたろう)と申します。1年間、主務ブログを通じてFightersのチーム状況や私の感じた事を、思った事をより多くの皆様に伝えていきたいと思います。本年度もどうぞよろしくお願い致します。

 はじめに、私の略歴について紹介させていただきます。

2011年 三田学園中学校に入学
 野球部に入部。

2014年 三田学園高等学校に入学
 野球部に入部し、高校3年時には副主将として活動。
 高校3年時の第98回全国高等学校野球選手権兵庫県大会で、4回戦で市川高校に敗れ引退

2017年 関西学院大学経済学部に入学
 2年生終了までRBとしてプレー。その後、3年時にトレーナーにコンバートし、ストレングスを担当。2020年度主務に就任。

 本年度は昨年度に比べ、4年生の人数が少なく29名しかいません。人数が少ないからこそ、4年生全員がまとまって同じベクトルに向かって進んでいく必要があります。1月3日のライスボウルを終え、1月5日に最初の学年ミーティングを行いました。そこでは、29名全員の考えやどんなチームにしたいのかを話し合い、4年生それぞれが目標、意思を明確にして1年間過ごさなければいけないことを考えました。話し合いをしていく中で、スタッフとして試合に出れない分、選手を試合で勝たせる責任が私にはあると思いました。チームを客観的に見つめ直し、日本一という目標に向かって「勝つべくして勝つチーム」にしたいと思い、主務に立候補しました。創部以来初のトレーナーからの主務になり、何を行うにしても手探りの状態で、至らぬ点が多く出てくると思いますが、日々精進してまいります。
 1月28日より新チームは始動しております。本年度は例年よりも2月、3月の走り込みの量を増やし、ハードなトレーニングを積んできました。しかし、新型コロナウイルスの影響により、春シーズンの試合が無くなるという事態になり、先週からは練習も中止している状況です。
 ですが、他大学も同じような状況です。この期間に各個人が課題に向き合い、出来ることをやり続ける事が出来れば、この困難な状況も克服していけると考えています。秋のリーグ戦に向けて、主将の鶴留輝斗、副将の海崎悠、繁治亮依、高木慶太を中心に「勝つべくして勝つチーム」を作り上げます。今後とも皆様のご声援、よろしくお願い致します。

2020年02月15日

最後のブログ

20200217_hashimoto.JPG

 1月3日にライスボウルで富士通フロンティアーズに敗戦してから1ヶ月以上の時間が経ち、最後のブログを書いています。
 先日2月11日の甲子園ボウル優勝祝賀会には、多くの関係者の方々、OBやファンクラブ、保護者の方々にお越しいただきました。様々な方からお祝いの言葉を頂戴し、改めて今年のチームが多くの方々に応援していただき、支えていただいていたことを実感しました。
 引退してから時間が経った今思うことは、約200人のチーム全員で、本気になって何か一つの目標を目指すこと、そしてこんなに夢中になることはもう二度とないんだろうなという事です。「フットボールで日本一を目指す」という、自分がやりたい事をやっているだけなのに、試合の結果によって多くの人が一緒に喜んだり悔しがったりしてくれる、そういう環境で日本一を目指すことのできた4年間は本当に幸せでした。
 私個人としては、この1年、ありがたいことに初めての女性主務という事でメディアに取り上げていただく機会がありまして、それを見てくださったファンやOB、保護者の方など多くの方々に温かいお言葉をかけていただきました。私自身は、チームが結果を出さないうちから注目していただくことに恐れ多い気持ちでいっぱいでしたし、自分がその注目に見合うほどの人間になれるのかが毎日不安で仕方ありませんでした。しかしこのチームには、陽の目を浴びないながらも人知れず努力している選手・スタッフがいます。今年のチームが学生日本一になれた理由の1つはそういった部員の存在にあり、チーム幹部であった私もその部員たちに支えられ、時には勇気をもらってここまで来ることが出来ました。本当に感謝してもしきれません。
 そして私がこの4年間でファイターズに教えてもらったことの中で一番大きかったのは、本気の理由に立場や性別は関係ないということです。実際に、女性だから、スタッフだから、という理由でチーム内で特別扱いされたことはありません。もちろん日本一を目指す中でそれぞれの考えの違いもあるので、色々な壁はありましたが、自分の意見を持ち、発信し、行動する権利は誰にでも等しくあって、「本気で勝ちたい奴が何でもやったらええねん」という考えがこのチームにあったおかげで、私は本気で日本一を目指すことが出来たと感じています。思い切りやれる環境が当たり前のようにあるファイターズで日本一を目指せたことが今後の人生における大きな財産となりました。
 2019年のチームは春シーズンから敗戦を重ね、秋のリーグ戦でも不甲斐ない結果が続きました。何度皆さんをがっかりさせたことかと思うと今でも胸が痛む思いです。リーグ最終戦では立命館大学に負けたのにも関わらず、それでも多くの方が私たちを見捨てず支えてくださったおかげで、12月1日、立命館大学との再戦に勝利することができ、甲子園ボウルに出場し、優勝することが出来ました。あれだけ弱かったチームが、ライスボウルに出場できたことは奇跡のようなことでした。春の初戦からライスボウルまで変わらずずっと、大勢の観客とKGブルーで埋まったスタンドを背に戦ったことを心の底から誇りに思います。感謝してもしきれないことばかりですが、本当に今までありがとうございました。
 そして、2020年のチームにも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

2019年度主務 橋本 典子

2020年01月10日

1年間ありがとうございました

 先日のライスボウルをもって、2019FIGHTERSの挑戦が終わりました。最後は14-38というスコアで敗れてしまいましたが、この1年間、本当に多くの方々に様々な形で支えていただき、ここまで来ることが出来ました。この場を借りて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 試合から1週間が経ちましたが、やはり負けたことはとても悔しいです。相手がどれだけ強大であろうとも、FIGHTERSとして相手に勝ちたい気持ちに変わりはないと感じました。もっと突き詰めて練習していたら、もっと隙の無いチームを作れていたら、と思うことはたくさんあります。後輩たちには、来シーズンの最後の試合が終わったときに後悔の無いようにやってほしいと強く思います。
 東京ドームに駆けつけてくださった多くのFIGHTERSファンの皆さまには本当に大きな力をいただきました。どんな時も日本一の声援に背中を押していただいて、本当に幸せでした。ありがとうございました。
 また、この1年、私の拙いブログにもお付き合いいただきありがとうございました。最後にあと1回書かせていただきますので、ご覧いただければ幸いに思います。よろしくお願いいたします。

2020年01月02日

最後の勝負

 新年明けましておめでとうございます。
 2019年のチームで挑む最後の試合が目前に迫ってきました。
 甲子園ボウルが終わってから、格上の社会人王者に対してどう戦うのかを考えこの2週間余りを過ごしてきました。やはり私たち学生の最大の武器は、守るものがないということ、どんな場面でも挑戦し続けられるということです。
 今までのどの試合よりも、攻めの姿勢で、貪欲に泥臭く、目の前の勝負に挑み続けていきます。4年生にとって最後の試合。22年間の生き様、そしてFIGHTERSとして4年間積み上げてきたものを全力でぶつける試合にするつもりです。
 最後になりましたが、ここまで支えてくださったファンの皆さま、関係者の皆さま本当にありがとうございました。お正月もフットボールが出来る喜び、最高の舞台で試合ができる幸せを噛み締め、東京ドームに向かいます。
 東京ドームでも私たちと一緒にBLUEOUTしましょう。学生らしく、攻めて攻めて、勝ちに行きます。最後までご声援のほどよろしくお願い致します。

2019年12月19日

感謝

 12月15日、快晴の阪神甲子園球場にて行われた第74回甲子園ボウルにて、早稲田大学に38-28で勝利し、学生日本一を達成することが出来ました。
 甲子園球場や、テレビの前で応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。満員の一塁・ライト側スタンド、青く染まった観客席からの声援の中で戦うことのできた私たちは、日本一幸せなチームです。
 今年のチームが始まってからここに至るまで様々な課題があり、多くの方にご迷惑やご心配をかけてきました。不甲斐ない結果ばかりが続き、本当に日本一を目指す資格がこのチームにあるのかと考えることもありました。そんな状況の中でも、変わらない皆さまの支えがあったからこそ、今年のチームはここまで来ることが出来たのだと思います。本当に、ありがとうございました。
 そして、大変有り難いことに、あと1試合2019FIGHTERSとしての戦いに臨みます。
 1月3日に東京ドームにて行われる第73回ライスボウル、相手は社会人王者の富士通フロンティアーズです。今年のチームとしての最後の1戦です。学生代表の名に相応しい試合をするために、自分たちのこの1年間の全てをぶつけて、最後の最後まで学生らしく、泥臭く、挑み続けたいと思います。
 最後までご声援のほどよろしくお願いいたします。

2019年12月05日

聖地への向かい方

 12月1日の西日本代表校決定戦で立命館大学に勝利し、甲子園ボウルへの切符を掴むことが出来ました。ここまでチーム・部員たちを支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
 今年のチームは、ここまで戦ってきた関西学生リーグの各大学、九州で対戦した西南学院大学の存在があったからこそ、チームとしての弱さを知り自分たちを省みることが出来ました。そして、立命館大学という最高のライバルの存在が無ければ、甲子園ボウルにたどり着くことは絶対に出来なかったと思います。
 また、今回の試合は、アウェイスタンドにも関わらず、開門直後から多くの観客の方で埋まっていました。BLUEOUTされたスタンドから本当に大きなパワーをもらいました。試合中、フィールドに立った選手自身も大きな声援があったからこそ常に攻める姿勢を持ちながら1プレー1プレーに挑めたと思います。スタンドで応援してくださった皆さま、そしてテレビの前や速報を見ながら声援を送ってくださった皆さまも、本当にありがとうございました。
 幸いにも、甲子園ボウルに出場させていただけることになった私たちですが、チームとしてはまだまだ未完成であり、課題も多く残っています。もし敗戦していれば向き合う事できなかった課題ともう一度向き合うチャンスを貰えた、今回の結果にはそういう意味もあったと思っています。
 甲子園ボウルは学生日本一を争う大舞台ですが、私たち自身はまだ日本一のチームにふさわしい組織ではありません。もう一度一から勝つべくして勝つチームになることを目指します。日本一になるべくしてなったと自分たちが胸を張って言えるような取り組みをこの2週間でやりきって、甲子園という聖地に向かいます。

2019年11月30日

12月1日、全てをぶつける

 ついに立命館大学との再戦を迎えます。
 今はまだ、緊張と不安の入り混じった気持ちです。
 3週間前の敗戦をきっかけに、本当の意味で自分たちの弱さと向き合うチャンスをいただきました。
 福岡での西南学院大学との戦いや、リーグ戦で2点差にまで迫られた神戸大学との再戦は、とても貴重な経験となりました。タイトなスケジュールでしたが、1週間ごとに戦う相手がいたからこそ、相手から学ぶことがあり、自分たちの弱さを知ることができたと思っています。
 また、西南学院戦では、遠方にも関わらず多くのファンの方が青い服を着てスタンドで応援してくださり、完全なアウェイ状況の中でも、青く染まったスタンドから大きなパワーをもらいました。自分たちがいかに恵まれた環境の中で、フットボールが出来ているのかを身に染みて感じた試合でした。そんな経験が出来るのが我々ファイターズというチームであり、そして再び最強のライバルに挑戦させてもらえることは本当に有り難いことだと感じています。
 もし3週間前に勝っていたら気づけていなかったチームの課題が山のようにありました。そして今までで一番濃い3週間の日々を仲間と過ごしました。その全てを明日の決戦でぶつけます。
 そして、この3週間心身ともにタフなスケジュールを過ごすことになって、それでも逃げ出さずに一緒に練習やミーティングを頑張ってくれた下級生たちには感謝しかないです。本当にありがとう。
 立命に負けたあの日から、ファンやOB、学校関係者の方々、友人や家族に「次も応援行くからな!」「次こそリベンジ果たそう」「絶対勝って甲子園まで行ってね」と声をかけていただくことも本当に多く、その度に、絶対に今年のチームで勝って、恩返しをしたいと強く思いました。試合までの時間は残りわずかではありますが、最後まで悔いなく準備をしつくして決戦に臨みますす。
 4年生にとっては、人生最後の立命戦、勝っても負けても、立命館大学という最高のライバルと戦うことは明日を最後に二度とありません。ただひたすらに、勝ちたい気持ちをぶつける。試合に出るメンバーも出ないメンバーも、それぞれの全力を、それぞれの場所で出しきって戦う事こそが、勝利の鍵であると思っています。自分たちに何が起ころうとも、相手が何をしてこようとも、気取らずに泥臭く愚直に戦います。
 最後にはなりましたが、今まで支えてくださった全ての方に感謝申し上げます。そして、12月1日、万博記念競技場にて2019年ファイターズの生き様を見ていただければ幸いです。Blueoutされたスタンドから熱いご声援をよろしくお願いいたします。

2019年11月15日

敗戦、そして

 2019FIGHTERSが1年間この日のために取り組んできた立命館大学とのリーグ最終戦は7-18で敗れました。私たちにとっては厳しい結果となりましたが、事実として受け止めなければなりません。
 リーグ戦は終了しました。これまで試合のたびにスタジアムで青い服を着て応援してくださった多くの観客の皆さん、遠方から応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。ここまでチームを支えてくださった皆様に心から感謝いたします。
 幸いにも、今年のチームにはここから挑戦できるチャンスがあります。「何が何でも勝つ」。今一度この気持ちを奮い立たせて、這い上がります。
 関西2位として臨む西日本代表校決定戦トーナメント。負けたら即引退です。自分たちに足りなかったものを明確にして、一戦必勝で臨みます。そしてもう一度立命館大学に挑戦できるよう、日々己と戦います。